top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『いかアサ』プロモーション動画


5時前に目が覚めた。

25日恒例、各所への支払を完了。

朝っぱらからどっと疲れたので、何か楽しいことをしたい。


というわけで、ドット絵でアーサー様たちを制作。

2枚ずつ作ってGIFで歩いてる感じにする。

動画を撮影して字幕を入れて、朝食を食べてからすべてを連結。

フリーの音楽素材からファンタジー風の重厚な曲を見つけてきて、くっつけて完成。

みずき書林、はじめての動画制作である。



話は先週にさかのぼります。

出版社が集まる会合で講演があり、某有名書店の書店員さんの講演がありました。

そのなかで、本のプロモーションの方法も多様化しているので、思いついたことはとりあえず全方位的にやってみたほうがいいという話がありました。



なので、ちょっと作ってみた。


動画はSNSで流すなら30秒以内が限界だろうな。

それくらいなら何とかなるか。

早起きしたし、やってみよう。


……

………

しかし、どうしてこうなったw

字がへなへな。

ドット絵がしょぼい。

字幕が妙にヨタッている。

(ちなみにナレーションも入れていたのだが(もちろん僕の声)、あまりに酷い出来だったので消すw)



昨夜までは、やはり山田南平先生の美麗なイラストをフィーチャーして……と考えていたはずなのに、アーサー様たちをレトロゲーム風のキャラにして……などと考え始めたあたりからどんどん企画がずれていきました……。


宣伝・告知に役に立つのか?

知りません。

でも作るの楽しかったからよしとする。



ちなみに最後の商人風の男のセリフは、ほんとうは、

「本はもっているだけじゃダメだ! ちゃんとよまないとな!」

にするつもりでしたが、長すぎてドット字を書くのが面倒になってやめました。




3人パーティ

最新記事

すべて表示

「川の中の大きな岩になること」

山田南平先生が、先日の往復書簡を受けてブログ記事を書いてくださっています。 いつもブログを読んでくださり、ありがたいことです。 堀くんともども、励みになります。 『自省録』と般若心経の共通点について。 二十歳頃に般若心経に出会った山田先生が、それ以来ずっと指針にしてきたというのはちょっとした驚きでした。 首尾一貫したアーティストの人生には、やはり何らかの指針となるものがあるものなのでしょうか。興味

Comments


bottom of page