top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『いかアサ』記事掲載!


図書新聞の最新号(9月21日、3416号))に、『いかアサ』の書評が掲載されました!

評者は黒川宗之進氏。


「現代の過剰(過激?)ともいえる物語の変容のなかで、ただ快感を得る類の面白さだけを求めるのでなく、学術的な側面に光を当てようとしているのが本書の大きな特徴だ。まさに「学問と娯楽の懸け橋となる一冊」と言えよう」


「その論考は全体的にわかりやすく簡潔にまとめられていて、アーサー王物語の入門書としても大いに活用できる」


「漫画『金色のマビノギオン』の作者、山田南平のインタビュー記事やアーサー王伝説の一次資料集など、読みもの面と資料面のバランスもよい」


「本書を出発点として、サブカル方面だけでなく、改めてアーサー王物語の学術的な研究が活性化されることを強く望む」


など、嬉しい評をいただいています。

ありがとうございます!



ログインが必要ですが、図書新聞のサイトからも記事が読めます。


最新記事

すべて表示

「川の中の大きな岩になること」

山田南平先生が、先日の往復書簡を受けてブログ記事を書いてくださっています。 いつもブログを読んでくださり、ありがたいことです。 堀くんともども、励みになります。 『自省録』と般若心経の共通点について。 二十歳頃に般若心経に出会った山田先生が、それ以来ずっと指針にしてきたというのはちょっとした驚きでした。 首尾一貫したアーティストの人生には、やはり何らかの指針となるものがあるものなのでしょうか。興味

Comments


bottom of page