top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『原爆写真を追う』は図書出版みぎわからの刊行となります。


小社で刊行予定だった

林重男・井上祐子著

『原爆写真を追う』

は諸般の事情により、版元変更となります。

小社みずき書林からではなく、新規に立ち上がった、図書出版みぎわからの刊行となります。


図書出版みぎわについては、先日ウェブサイトを紹介しました。


https://tosho-migiwa.com/

図書出版みぎわ Migiwa publishing

〒270-0119 千葉県流山市おおたかの森北3-1-7-207

Tel:090-9378-9120 / FAX:047-413-0625

E-mail:hori@tosho-migiwa.com


まだみぎわのサイトには『原爆写真を追う』の刊行予定日などの詳細はアップされていないので、ややフライング気味かもしれませんが、書店さんなどから問い合わせがいくつか来ていますので、このブログに事前に書いておきます。

ご関心のある方は、図書出版みぎわの代表者である堀くんにお問い合わせのほど、よろしくお願い申し上げます。


***


その堀くんもまた、サイト内でブログを始めていて、うちと同様、それがサイト内の日替わりメインコンテンツになっていきそうな予感。


彼が愛好してきた曲のタイトルもしくはそのパロディが記事名になっていて彼らしい。

最新のエントリーでは地道に本を売ることについて書かれていて、考えさせられた。

もし僕が健康に不安がなく、従来通り出版活動を続けられる身であったなら、彼に触発されて、ああでもないこうでもないと話をしながら、再び流通や販売についてごそごそ試行錯誤をしていたんだろうな。



最新記事

すべて表示

岡田林太郎についてのお知らせ

岡田林太郎の妻です。 いつもこのBlogを楽しみにしてくださり、ありがとうございます。 かねてから病気療養中でした岡田林太郎が、去る7月3日の3:00ごろ自宅で息をひきとりました。 享年45歳でした。 一般的にみれば、早すぎる死といわざるをえません。 ですが本人は、短い人生だったけれど悔いはないとさっぱりした口調で申していました。 これもひとえに、夫と縁をもってくださった皆さまと充実した時間を過ご

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

Comments


bottom of page