top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

アストリッド・キルヒャー


アストリッド・キルヒャーが亡くなった。 ハンブルグ時代の初期のビートルズの写真を撮ったことで有名な写真家ですね。 画像検索でアストリッドの撮ったメンバーを見てください。 若いころのビートルズの、無名のロックンローラーのたたずまい。 スチュアートとアストリッドの美しさ。 バンドが世界的に有名になる前にピート・ベストは去り、スチュアートは21歳で死に、ジョンとジョージもそれぞれの死を迎え、アストリッドも死にました。 サー・ポールはあらゆる栄誉を手にして、なお健在です。 そんなことがこれから起こるとはだれひとり知らない、1960年のビートルズ。 最年少メンバーのジョージがカメラに向いている写真があります。 青いペンでトリミングの線が描き込んであるのが、いかにもアー写の素材らしい写真です。 後年のロン毛&髭面を想像することすら難しい、あどけなくつるつるした顔。 ちょっと斜に構えたポーズに皮肉屋であることが感じられますが、生真面目そうにカメラを見ています。 95年から『ビートルズ・アンソロジー』が発売になり(それすらもう25年も前なのか……)、当然すべての音源・映像を持っていますが、そのなかに当時のポールとジョージとリンゴが集まって芝生で話をするシーンがあります。 歳をとった3人が芝生で談笑したりセッションしたりする姿だけでも感涙ものなのですが、その最後に、 ポール「久しぶりに集まったね」 リンゴ「楽しかったよ」 ジョージ「これでもう20年は会わなくていいね(笑)」 といったやりとりがあったはずです。 実にジョージ・ハリスンらしくて好きでした。

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page