• みずき書林

アーサー王の画@ラファエル前派の軌跡展


ラファエル前派の軌跡展@三菱一号館美術館に行ってきました。


僕にはどうも、ロセッティの描く女性の首の太さ、顎の頑丈さ、目鼻立ちの鋭さが苦手です。どうしようもなく北斗の拳を連想させます。せいぜい南斗水鳥拳のレイくらいにしか見えないのです。

綺麗というより、いかつい。お、怒ってる……?

そんなわけで、正直に言うとラファエル前派はいささか苦手なのですが、今回はアーサー関連が多かったので、実に興味深く観られました。


いくつかの展示室では写真撮影が可能だったので、アーサー関連の画を撮ってきましたが、皆さんなかなか個性的で、解釈の自由度がアーサー王伝説の魅力のひとつであることを再確認しました。

とりわけ、トリスタンの最期を描いた以下の画はツッコミどころ満載で秀逸でした。



ともあれ、いかアサ刊行に関連して、実にタイムリーな展覧会です。

アーサー王物語とは切っても切れないラファエル前派の画がまとめて観られる機会。

東京駅至近です。6/9まで。

この機会にぜひ。


マーク王の赤いウエストポーチが可愛すぎて場違いである。


最新記事

すべて表示

1週間前、退院。 自宅はすっかり在宅療養仕様。 介護ベッド。 手すり付きのトイレ。 ここをイメージしながら、最後のラスボスとの戦いをイメージする。

こんなにもエントリーの間が空いたことはなく、ご心配とご迷惑をおかけしています。 毎日同じように布団の中で眠っているだけです。だけど今後の治療の大きな方針も立ちました。 まだまだがんばります。 先月先月21-から23日今月まだ、しかかけない。

木曜にケモ。 金曜に4回目ワクチン(オミクロン対応)。 ワクチンの副反応で38度超えの熱が出て、そこに抗がん剤の副作用の倦怠感と吐き気が重なって、かなり辛い。 この週末はずっと病臥。 熱が高いから、文字通りずっとこんこんと眠ってるだけ。20本立てくらいの悪夢を見る。 大事な食事会でポークローストを無惨に焦がしたり、友人たちと丘の上から巨大なキノコ雲を眺めたり、そういった類の大小の悪夢を次々と。 食