• みずき書林

アーサー王の画@ラファエル前派の軌跡展


ラファエル前派の軌跡展@三菱一号館美術館に行ってきました。


僕にはどうも、ロセッティの描く女性の首の太さ、顎の頑丈さ、目鼻立ちの鋭さが苦手です。どうしようもなく北斗の拳を連想させます。せいぜい南斗水鳥拳のレイくらいにしか見えないのです。

綺麗というより、いかつい。お、怒ってる……?

そんなわけで、正直に言うとラファエル前派はいささか苦手なのですが、今回はアーサー関連が多かったので、実に興味深く観られました。


いくつかの展示室では写真撮影が可能だったので、アーサー関連の画を撮ってきましたが、皆さんなかなか個性的で、解釈の自由度がアーサー王伝説の魅力のひとつであることを再確認しました。

とりわけ、トリスタンの最期を描いた以下の画はツッコミどころ満載で秀逸でした。



ともあれ、いかアサ刊行に関連して、実にタイムリーな展覧会です。

アーサー王物語とは切っても切れないラファエル前派の画がまとめて観られる機会。

東京駅至近です。6/9まで。

この機会にぜひ。


マーク王の赤いウエストポーチが可愛すぎて場違いである。


最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.