• みずき書林

アーサー王の画@ラファエル前派の軌跡展


ラファエル前派の軌跡展@三菱一号館美術館に行ってきました。


僕にはどうも、ロセッティの描く女性の首の太さ、顎の頑丈さ、目鼻立ちの鋭さが苦手です。どうしようもなく北斗の拳を連想させます。せいぜい南斗水鳥拳のレイくらいにしか見えないのです。

綺麗というより、いかつい。お、怒ってる……?

そんなわけで、正直に言うとラファエル前派はいささか苦手なのですが、今回はアーサー関連が多かったので、実に興味深く観られました。


いくつかの展示室では写真撮影が可能だったので、アーサー関連の画を撮ってきましたが、皆さんなかなか個性的で、解釈の自由度がアーサー王伝説の魅力のひとつであることを再確認しました。

とりわけ、トリスタンの最期を描いた以下の画はツッコミどころ満載で秀逸でした。



ともあれ、いかアサ刊行に関連して、実にタイムリーな展覧会です。

アーサー王物語とは切っても切れないラファエル前派の画がまとめて観られる機会。

東京駅至近です。6/9まで。

この機会にぜひ。


マーク王の赤いウエストポーチが可愛すぎて場違いである。


最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

どんなふうに暮らしていけばいいのか、あらためて整理してみた。

さて。 首都圏のみなさまにはいかがお過ごしでしょうか。 もう1回経験したことですから、ゆったりした気持ちで臨みましょう。 幸いにも、僕自身の暮らしはそうは変わらないはずです。 もちろん今後どうなるかはわかりませんが、医療従事者や飲食関係者、そのほか接客業・店舗など直接的に即効的に影響を受ける方々に比べれば、まだしも耐えやすいのは確かです。 そういう境遇にいることに感謝しつつ、誰かに迷惑をかけないよ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.