• みずき書林

カラフルな石畳のような映画――『海辺の映画館』


『花筐』を観終わったときは、巨大な壁画のようだと思った。

それは黒と赤で塗られ月光に照らされ、眼前いっぱいに拡がる壁画みたいだった。

『海辺の映画館』は、石畳が敷き詰められた広場のようだと思った。

ものすごくカラフルな石畳が、果てしなくとめどなく拡がる広場みたいだった。



3時間の長さを持ちながら、ストーリーは、あってないようなもの。

あらゆるカットが、絵のように、夢のように美しい。

演技もリップシンクもあえてしない。

メッセージは、きわめてシンプルで誰でもわかる。

そして戦争を描いた作品でありながら、ものすごい多幸感。


82歳の遺作にして、もしかしたら大林宣彦のフィルモグラフィーのなかで、もっとも子どもっぽい作品かもしれない。

子どもっぽい、というのは単純だということではなく、無垢だということだ。

目まぐるしくシーンが変わるこの映画は、かなり入り組んだ迷宮のような構造を持っている。

そして同時に、びっくり箱のような、衒いのない驚きに満ちている。

大林宣彦の頭のなかの複雑さと無垢さが、ほとんど剥き出しのまま映像化されているようにみえる。

大賢は大愚に似たり。ということばが頭に浮かぶ。

まるで無邪気で天真爛漫のような。あるいはおそろしく緻密で周到な構造を持っているような。


登場人物の名前や映画館のポスターなどなど、細かく見れば映画への愛とオマージュが散りばめられているのは間違いない。そういう見方をすれば、どこまでも深掘りできるのだろう(映画館には岡本喜八『肉弾』のパロディポスターが貼ってあった)。

いっぽうで、宇宙船の中の、ほとんどコントのような内装はどうだ(なんの意味もなく軽くドラムを叩き始める高橋幸宏。そして中江有里の髪型!)。


「玉手箱」とサブタイトルをつけ、「Labyrinth of Cinema」とコピーを付したものうなずける。

シンプルな玉手箱と複雑な迷宮に共通するのは、何が飛び出てくるかわからないドキドキ感。

玉手箱は虹色の煙を立ち昇らせ、迷宮は色とりどりの石畳で舗装されている。


「映像の魔術師」と呼ばれた監督が、ありったけのMPを注ぎ込んで未来にはなった、最後にして最大の白魔法だった。




© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.