• みずき書林

クッキーでお世話になったパティシエ小島和美さんのお店、上糖舶来


マーシャル、父の戦場』のときと、『いかアサ』のときに、刊行記念クッキーを作ったことがあります。

出版関係者に配ったり、イベントのノベルティにしたり、見た目はもちろん、味がたいへん好評でした。


マーシャルクッキー
山田南平先生の円卓クッキーと聖杯クッキー



このたび、そのクッキーを作ってくださった小島和美さんが、お店をオープンしました。

上糖舶来

というお店で、店舗は白金台にあります。

まだオープンしたばかり&コロナの影響もあるので、店舗営業は不定期のようですが、オンラインショップでの注文は受付中です。




マドレーヌや松の実のタルトクッキーなどなど、美味しそうです。

アマビエクッキーもあります。

ブルーチーズとはちみつのは赤ワインに合わせてみたいですね。


パセリのクッキーもすごく美味しそうじゃないか。と思ったら犬用のおやつだ。

犬、白ワインに合いそうなものを……



ケーキなどはオーダーもできるみたいです。

もちろんクッキーも、日程に余裕をもってお願いすれば作ってくれると思います。

サンプルも載っていますが、とにかくオリジナルのお菓子のクオリティと遊び心が半端じゃない。




店舗も今週末の土日は開ける予定とのこと。

お近くの方はぜひ。

うちからは散歩圏内なので、行ってみようかな。




最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン