top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

シール貼り


シール貼り。

と聞いてうんざり顔で思わず目をそらした人は、出版業界にそこそこ長い人でしょう。


シール貼り。

トラブルと七面倒くさい地味作業の匂いがしますね。


まあ今回はトラブルということではないのですが、やむをえない都合で、400枚のパンフ×2か所=800枚のシール貼りをすることになりました。


修正用のレイアウトを作って、もっともたくさん、かつもっとも少ない工程でカットにできるようにA4用紙に面付して(A4に13面付いた)、シール用紙にプリントアウト(31枚)。

カッターと定規でバラバラにカット。800枚のシールの山が出来上がります。

それを2か所に貼り付けていっちょ上がり。を400回。



すげえ面倒くさい。

シールが斜めになっちゃって嫌になる。

シールが台紙からはがせないでイライラする。いっそ小指の爪でも伸ばしてやろうかと自棄的なことを考える。

外は良い天気である。しかしぼ~っとしている暇などない。

シールを台紙からはがしてパンフに貼る。

シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはが。


頭がおかしくなりそうになったので、息抜きにこれを書く。


まあ、こういう日もある。

地味でこつこつした作業の日。

基本的には作業デーは嫌いではないが、さすがに飽きる。


さて。

再開するか。

最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

いまが全盛期

病気になって以来、活動量は減った。 一時はもう仕事はできないと思って会社を閉じようと思い、仕事を整理した時期もあったため、刊行ペースは落ちている。 体力・筋力も落ちて外出もなかなかしづらくなった。打ち合わせは基本的に自宅か、恵比寿・広尾界隈に関係者のかたに来てもらうかたちで行っている。 フットワーク軽くいろんな場所やイベントに出かけていくこともなくなった。 もちろん今でも充実はしている。やるべきこ

Comments


bottom of page