• みずき書林

シール貼り


シール貼り。

と聞いてうんざり顔で思わず目をそらした人は、出版業界にそこそこ長い人でしょう。


シール貼り。

トラブルと七面倒くさい地味作業の匂いがしますね。


まあ今回はトラブルということではないのですが、やむをえない都合で、400枚のパンフ×2か所=800枚のシール貼りをすることになりました。


修正用のレイアウトを作って、もっともたくさん、かつもっとも少ない工程でカットにできるようにA4用紙に面付して(A4に13面付いた)、シール用紙にプリントアウト(31枚)。

カッターと定規でバラバラにカット。800枚のシールの山が出来上がります。

それを2か所に貼り付けていっちょ上がり。を400回。



すげえ面倒くさい。

シールが斜めになっちゃって嫌になる。

シールが台紙からはがせないでイライラする。いっそ小指の爪でも伸ばしてやろうかと自棄的なことを考える。

外は良い天気である。しかしぼ~っとしている暇などない。

シールを台紙からはがしてパンフに貼る。

シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはが。


頭がおかしくなりそうになったので、息抜きにこれを書く。


まあ、こういう日もある。

地味でこつこつした作業の日。

基本的には作業デーは嫌いではないが、さすがに飽きる。


さて。

再開するか。

最新記事

すべて表示

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

2020年、みずき書林の5大ニュース

大晦日ですね。 以下今年のニュース。 順番は重要度ではない。起こった順。 1.正月早々高熱を発して寝込む (寝てたら下瞼のくぼみに汗が溜まるくらい高熱だった。いま思えばあれはインフルだった) 2.紅茶をこぼして、キーボードを壊す。 (地味だ) 3.電子化した (全アイテムはまだなんだけど。しかしわかっていたことではあるが、別に電子化したからといって売り上げが目に見えてアップするわけではなかた……)

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.