• みずき書林

シール貼り


シール貼り。

と聞いてうんざり顔で思わず目をそらした人は、出版業界にそこそこ長い人でしょう。


シール貼り。

トラブルと七面倒くさい地味作業の匂いがしますね。


まあ今回はトラブルということではないのですが、やむをえない都合で、400枚のパンフ×2か所=800枚のシール貼りをすることになりました。


修正用のレイアウトを作って、もっともたくさん、かつもっとも少ない工程でカットにできるようにA4用紙に面付して(A4に13面付いた)、シール用紙にプリントアウト(31枚)。

カッターと定規でバラバラにカット。800枚のシールの山が出来上がります。

それを2か所に貼り付けていっちょ上がり。を400回。



すげえ面倒くさい。

シールが斜めになっちゃって嫌になる。

シールが台紙からはがせないでイライラする。いっそ小指の爪でも伸ばしてやろうかと自棄的なことを考える。

外は良い天気である。しかしぼ~っとしている暇などない。

シールを台紙からはがしてパンフに貼る。

シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはがしてパンフに貼る。シールを台紙からはが。


頭がおかしくなりそうになったので、息抜きにこれを書く。


まあ、こういう日もある。

地味でこつこつした作業の日。

基本的には作業デーは嫌いではないが、さすがに飽きる。


さて。

再開するか。

最新記事

すべて表示

昨日の続報

昨日のブログを書いてから、その夜、ひさしぶりに前職の同期に会いました。 そしたら、ブログ記事を吸い出す件、なんとかなると思うと言ってくれて。 で、翌日の今日には、早くも「ブログ記事を全件ダウンロードするプログラム書いたから、明日にでも全件処理するね」というメッセージが。 魔法使いか。 その手のことに全く詳しくない僕は、唖然とするしかありません。 ほんと、ありがとう。 これで懸案がひとつ解決したよ。

【重要】How to close my company

以下、なんだかパッとしない話ですが。 みずき書林はこれからも続けていくつもりですが、もしこれから先、存続させることができなくなったときのことも考えておかないといけません。 実は、継続性については、ひとり乃至小規模出版の最大の弱点であり、まだ歴史の浅い小規模出版の世界では、ノウハウが確立されていない問題でもあります。 つまり、ひとりや少人数でやり続けた場合、その人(たち)がいなくなった場合に出版社は