• みずき書林

タイムトラベル専門書店 utouto


先日、藤岡みなみさんが仲間たちと運営する書店、utoutoに行ってきました。

タイムトラベルに関する書籍や文房具、グッズを集めたセレクトショップ。


サイトはこちら


公式Twitterはこちら


いま、日本の書籍の年間刊行点数は、7~8万点です。

そのすべてを店頭に並べるのは、いかなる巨大書店をもってしても不可能です。

それに近いことを実現しようとしているのが、ある種の巨大ネット書店ですが――その価値は十分に認めつつも――リーチできるアイテム数を増やせば増やすほど、ある場所をある雰囲気やカラーで彩ってひとりひとりのお客さんと対面する、ということは不可能になります。

utoutoのコンセプトは、そうった網羅性・即効性とは真逆にあります。


自分が売りたいもの、気に入っているもの、吟味したものだけを並べて、足を運んでくれる人の顔を見ながら手売りする。買った人は、どこでどんな雰囲気で買ったかをいつまでも憶えている。

そういう小さな本屋を営むことが、経営的に簡単ではないことはわかります(僕自身のことをいえば、いまやっと5冊の本を並べているだけの出版社ですので)。

しかし、ハンドメイドの場所に置かれた本たちが、どれだけ幸福そうで居心地良さそうであったか。


大きな書店やワンクリックで何でも買えるネット空間があるいっぽうで、それだけではない選択肢というのも必要です。

アマ○ンと講○社と村○春樹の新刊さえあればこの世はOK、というわけにはいきません(念のため書いておくと僕は上記3点のヘヴィユーザーです。それでもなお)。

自分だけのものと思える本や、自分のための場所と思える書店があれば、暮らしは少し楽しくなります。


自分だけの異常な情熱(というのはこれ以上ないほどの誉め言葉です)を楽しんでいる人を見ているのは気持ちがいいものです。こちらまで嬉しくなってきます。

まさに「楽しい」は伝染します

そうやって楽しむために、その人が払っている努力やとっているリスクを想像しながら、いささかなりとも応援できればと思います。



今回の吉祥寺は期間限定ですでに時空の裂け目へと消えていますが、またいつかどこかに現れるのでしょう。




最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

どんなふうに暮らしていけばいいのか、あらためて整理してみた。

さて。 首都圏のみなさまにはいかがお過ごしでしょうか。 もう1回経験したことですから、ゆったりした気持ちで臨みましょう。 幸いにも、僕自身の暮らしはそうは変わらないはずです。 もちろん今後どうなるかはわかりませんが、医療従事者や飲食関係者、そのほか接客業・店舗など直接的に即効的に影響を受ける方々に比べれば、まだしも耐えやすいのは確かです。 そういう境遇にいることに感謝しつつ、誰かに迷惑をかけないよ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.