• みずき書林

タイムトラベル専門書店 utouto


先日、藤岡みなみさんが仲間たちと運営する書店、utoutoに行ってきました。

タイムトラベルに関する書籍や文房具、グッズを集めたセレクトショップ。


サイトはこちら


公式Twitterはこちら


いま、日本の書籍の年間刊行点数は、7~8万点です。

そのすべてを店頭に並べるのは、いかなる巨大書店をもってしても不可能です。

それに近いことを実現しようとしているのが、ある種の巨大ネット書店ですが――その価値は十分に認めつつも――リーチできるアイテム数を増やせば増やすほど、ある場所をある雰囲気やカラーで彩ってひとりひとりのお客さんと対面する、ということは不可能になります。

utoutoのコンセプトは、そうった網羅性・即効性とは真逆にあります。


自分が売りたいもの、気に入っているもの、吟味したものだけを並べて、足を運んでくれる人の顔を見ながら手売りする。買った人は、どこでどんな雰囲気で買ったかをいつまでも憶えている。

そういう小さな本屋を営むことが、経営的に簡単ではないことはわかります(僕自身のことをいえば、いまやっと5冊の本を並べているだけの出版社ですので)。

しかし、ハンドメイドの場所に置かれた本たちが、どれだけ幸福そうで居心地良さそうであったか。


大きな書店やワンクリックで何でも買えるネット空間があるいっぽうで、それだけではない選択肢というのも必要です。

アマ○ンと講○社と村○春樹の新刊さえあればこの世はOK、というわけにはいきません(念のため書いておくと僕は上記3点のヘヴィユーザーです。それでもなお)。

自分だけのものと思える本や、自分のための場所と思える書店があれば、暮らしは少し楽しくなります。


自分だけの異常な情熱(というのはこれ以上ないほどの誉め言葉です)を楽しんでいる人を見ているのは気持ちがいいものです。こちらまで嬉しくなってきます。

まさに「楽しい」は伝染します

そうやって楽しむために、その人が払っている努力やとっているリスクを想像しながら、いささかなりとも応援できればと思います。



今回の吉祥寺は期間限定ですでに時空の裂け目へと消えていますが、またいつかどこかに現れるのでしょう。




最新記事

すべて表示

ハイブリッド授業

オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。 10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。 まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。 オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。 音声はマイクを通してハウリングしないのか。 対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.