• みずき書林

バズる著者たち


いかアサ』の編者である小宮先生(akaはちさん)のtweetがバズって、いろいろ記事になっています。

現時点で元tweetはいいね12万超、RT4.6万。

バズッたら宣伝していい(笑)ということでぶら下げてくださった『いかアサ』tweetも1300いいね、RT300超となっています。

以下のようなサイトから取材も受けて、後日談なども語られています。


BuzzFeedの記事はこちら


ねとらぼの記事はこちら


花マルがついてよかったですね。

ちなみに小宮先生、かつてインタビューで、

「オタクなだけで、その元ネタをもっと読みたいというだけで(研究者として)やってきた私としては、もっとみんな適当に生きてもいいんじゃないかと思います。「うるせー、楽しいからやるんじゃ!」という志の低さの方がかえって(研究の道に)行きやすいかもしれない」

と語っておられます。

その志を甥っ子さんに伝えて、まさに面目躍如たるものがあります。



沖田瑞穂先生も、神話・書籍関連のtweetが多く3桁はいいね・RTされるという高値安定の方ですが、ちょっと前に2.4万いいね、9000近いRTになってましたね。

先日は、

沖「庭でハーブ育てたり」

岡「キッチンに、いろんな種類のパスタ入った瓶が並んでたり」

沖「もちろん、そういうことをやっている人を否定するつもりは一切なくて」

岡「そうそう。ほんと自由ですから」

沖・岡「でも、自分じゃやれねえ(笑)」

という会話を交わしました(笑)。

野放図という意味での「いい加減」ではなくて、自分にとって心地よい「良い加減」な暮らしをしたいですね。

(ほんと誤解のないように付言しておきますが、ハーブ育てたり各種パスタを常備している人を揶揄しているわけでは全くありません。そういう「いい暮らし」イメージに縛られなくていいじゃない? という個人的な生活態度の表明にすぎません)



おふたりとも、自分ではまったく狙っていないところでバズっているのが共通点ですね。

あと「適当に生きる」「良い加減に生きる」という生き方の提唱も共通点。これ大事。

ほんとこの方たちは、予想の斜め上をいくというか、予想がつかないというか。


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン