top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

ミュージシャンの死が多い。

最近、ロックミュージシャンの死去のニュースがやたらに多い。

60-70年代から半世紀が経って、ロックというジャンルがそれなりに歳をとったということなのだろう。

ジャンルの黎明期を支えたレジェンドたちも高齢化していき、これからますますミュージシャンたちの訃報に接することが増えるに違いない。

すでに僕らは、マイケルもデヴィッド・ボウイもプリンスもジェフ・ベックもいない世界に住んでいる。これからも思いもよらない、でも訃報が届いた瞬間には納得せざるをえないような人たちが鬼籍に入っていくのだろう。

何人かの好きなミュージシャンを思い浮かべて、そんな日が来ないことを願うばかり。

そして訃報が届くたびに、享年と死因が気になるのである。癌が死因の人も多い。今日亡くなった鮎川誠もそうだった。そうすると、いつ癌だと分かったかが気になり、そこから逆算して何年、何ヶ月保ったのかが気になるのである。

たとえば鮎川誠は去年の5月に膵臓癌が発覚したという。ということは、1年保っていない。

そんなことばかりが気になる。


なお、僕は去年の9月に告知を受けたから、1年4ヶ月保ったことになる。そして今の体調から推して、おそらく、いますぐに死ぬことはなさそうだ(知らんけど)。


特別なことではない。

でもやはり、当人とその周囲にとっては特別なことなんだよなぁ。


トム・ヴァーレインも死んだ。追悼。

最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

コメント


bottom of page