• みずき書林

五月の鯉の吹き流し――5/4


5月4日(水)晴


昨日3日は昼から日本橋にて、大川さんと田中さんと合流して、新企画のための打ち合わせ。

3人でお目にかかる方々は初対面だけど、後藤悠樹『サハリンを忘れない』、松本智秋『旅をひとさじ』を介して、不思議なご縁ですでに繋がっていた。縦方向にも横方向にも人が連なっている。

本作りについて、戦時中の外国人の抑留体験について、貴重なお話をいろいろうかがう。


その後、浅草に移動。

竹内さん合流。

大学教師は始終ご機嫌。

「ぼく、ここで山手線に乗り換えです」と言い残して、乗り換え線などなにもない稲荷町で降りていった。


今日4日は7時30分起床。

藤岡さんがオレンジのサラダを作ったというtweetを読んで、布団の中でにこにこする。

朝食は中華スープ。

クリーム散歩は代官山へ。

3日前に妻の友人が遊びに来て、帰り際に、酔っぱらった妻が僕のコートを間違えて友人のひとりに渡した。その友人もなぜか自分のコートではないことに気づかず(笑)、それを着てそのまま帰宅。我が家には彼女のコートが残された。

それをお互いに返却するために、代官山で待ち合わせたのだ。


気持ちのいい天気。近所の公演では鯉のぼりがはためいている。


智秋さんの新しいテキストを読んで麺が食べたくなって、ランチはタイ料理屋さんでパッタイ。

午後は本を読んだり昼寝をしたり、のんびりと過ごす。


夜もずいぶん温かい。日も高くなった。


夕食はミニトマトとバジル、チーズのパスタ。

ブロッコリー、アスパラ、バジル、ルッコラのグリーンサラダ。塩ポン酢(というものがある。岡山名産。普通のポン酢ほど味が強くなくコクがあってずっと愛用している)に叩いた梅干を和えたドレッシング。

ベジタリアンメニューになったけど、たまに動物性のものを抜くのは身体がさっぱりしていい。


夜はメールの返信をしたり、必要なテキストを書いたり。






最新記事

すべて表示

昨日は田中さん主催の日記文化の研究会。 NHKスペシャル「新・ドキュメント太平洋戦争』の制作ディレクター・長野怜英さんと酒井有華子さんの発表ののち、討論。 とても刺激的な話だった。 個人的に面白かったのは要約すれば2点。 1点目は、何度も書きもして喋りもしていることだけど、つまるところ〈顔が見える〉という点に、僕は感興を憶えるということ。 「NHKが作った大作ドキュメンタリー」といわれれば、膨大な