• みずき書林

休日の仕事

休日だけど仕事。

帰りの電車は、土曜のようにしては嘘みたいに空いている。

眠らないように、本を読むのを中断してこれを書き始める。駅に着くまでにアップしてしまいたい。


ここではない場所、今ではない時間、ここにはいない人について話を聞こうという企画。

そういうことについて話を聞いているうちに、ここに、いま、いる人が立ち上がってくる。

その人の口からあらためて聞くことで、遠く、小さく、弱いと思っていた場所や時間が、実は近く、大きく、豊かだと気づくような、そんな本になれば。


それぞれに特別で、でもきわめてまっとうなひとびと。そういうひとびとのことばを活字にしたいなと、あらためて思う。


駅に着いた。

時間切れだ。






最新記事

すべて表示

疲れに効くテキスト

索引のノンブル拾いをしたり、チラシを作ったり、原稿をチェックしたり、授業の準備をしたり、装丁のことを考えたり、合間にご飯を作ったり酒を飲んだり、なにかと忙しい。 忙しくて、ここ数日久しぶりにちょっと疲れている。 疲れているからといって、嫌になっているわけではない。テンションが下がっているわけでもない。 僕の場合、仕事が進んでさえいれば、疲れれば疲れるほどにやにやしてしまうようなところがある。 疲れ

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.