• みずき書林

同業社さんたち――百万年書房・コトニ社・花鳥社


昨日は、同業のひとり出版社、百万年書房の北尾さんと情報交換。

トランスビュー参加がほぼ同期で、自宅兼事務所がご近所(自転車で5分程度)。

ただしこの方、『Quick Japan』の編集長をはじめ、華やかなキャリアがあり、錚々たる書き手と付き合っている方であり、ご近所だ同期だと言っていますが、仰ぐ存在です。

(菊地成孔のエッセイにふつーに名前が出てきて驚いたりしています)

取次や営業についてお話をしました。



ひとり出版社といえば、コトニ社のTwitterが立ち上がりました。

ロゴがかわいいですね。

中の人は、装丁家の宗利さんの紹介で何度か会っている方です。

僕のほうが1年半ほど早いとはいえ、やはり独立ほぼ同期組。

創業時の to do や、トランスビューや版元ドットコムの仕組み、狙っている展開などなど、いろいろ意見交換できるのはありがたい。

いずれウェブサイトなども立ち上がり、第一弾も刊行されると思います。



それから、花鳥社も気になる存在です。

花鳥社さんも2018年デビューという意味ではほぼ同期。

でも、経営者の橋本さんは、もう大先輩も大先輩。小社と同列に並べるのは恐れ多いことです。

おたがい前職のときは、出版社同士の会合などでたまに顔を合わせ、なんとなく横目でちらちら動向を探りあうような同業他社にいたのですが(笑)、なんのご縁か同じ年に独立しました。

たまにメールをくださったり、小社関連の映画を観に来てくださったり、前職時代とはまた違った交流が生まれています。



ひとりだからこそ、こういった同業の方々といろんな意見交換やら生存確認やらができるのは、嬉しいことですね。

みんながんばってるんだなと刺激になります。



最新記事

すべて表示

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

2020年、みずき書林の5大ニュース

大晦日ですね。 以下今年のニュース。 順番は重要度ではない。起こった順。 1.正月早々高熱を発して寝込む (寝てたら下瞼のくぼみに汗が溜まるくらい高熱だった。いま思えばあれはインフルだった) 2.紅茶をこぼして、キーボードを壊す。 (地味だ) 3.電子化した (全アイテムはまだなんだけど。しかしわかっていたことではあるが、別に電子化したからといって売り上げが目に見えてアップするわけではなかた……)

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.