top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

在庫を生き延びさせたい

前にも書いたかもしれませんが、ひとり出版社である以上、僕がいなくなったらみずき書林も消滅します。

そのこと自体には抵抗はありません。


ただ、作った本は何とか生き残らせたい。

ほとんど唯一の願いと言っていいでしょう。


僕がいなくなってみずき書林がなくなった後も、本だけは何らかのルートで入手できるようにしておきたい。


今のところ思っているのは、仲間の出版社に在庫(もちろん全数である必要はありません。あくまで適正部数。残部は断裁するしかありません)を持ってもらい、流通させてもらうという方法です。

在庫管理費の発生、ISBNの付け直し、カバーの掛け替えもしくはシール対応などの手数をかけることになりますが、これが実現できれば一番かもしれません。


あとは極小部数のみを残し、小社の通販サイトのみを活かしておいて、通販オンリーで流通させるか。

この方法の場合は、残された家族(妻)に発送などの手数をかけることになってしまいます。また、在庫をどこに置くのか(倉庫に置き続ける?→在庫管理費は? / 自宅に置く?→少部数とはいえ多すぎでは?)といった課題も出てきます。



これを読んでいる業界の方で、どなたかよいお知恵をお持ちの方は、

rintarookada0313@gmail.com

までお知恵を拝借できると幸いです。

よろしくお願いいたします。



最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

bottom of page