top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

岡田林太郎についてのお知らせ

更新日:2023年7月5日

岡田林太郎の妻です。

いつもこのBlogを楽しみにしてくださり、ありがとうございます。


かねてから病気療養中でした岡田林太郎が、去る7月3日の3:00ごろ自宅で息をひきとりました。

享年45歳でした。


一般的にみれば、早すぎる死といわざるをえません。

ですが本人は、短い人生だったけれど悔いはないとさっぱりした口調で申していました。

これもひとえに、夫と縁をもってくださった皆さまと充実した時間を過ごしたおかげです。

さまざまなかたちで夫に心を寄せてくださったこと、心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。



夫はこのBlogの記事に基づいた、自分の本を執筆していました。

仮の書名は『憶えている――40代でがんになったひとり出版社の1825日』(コトニ社にて刊行予定)。

この書名には、夫自身がこの5年間のことを憶えているという意味があると同時に、自分がいなくなった後も憶えていてほしいという願いが込められているのだそうです。


どうか林太郎さんのことを憶えていてください。

よかったら、たまに話題にしてあげてください。

きっとあの、ちょっと子どもみたいな表情を浮かべて喜びます。


最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

1 Comment


siberianohito
Jul 07, 2023

人がいく時、残された人には何が残る。岡田さんは私に信用を残しました。それは、お互いにいちいち言葉では確認しないけれど、ちょっとした行動や小さな身体の動きで確認するもの。彼と私は信用し合っていたと思う。今日あらためて彼を見て、彼の死を実感して、悲しくなりました。岡田さんは自らのできるところまで精一杯、頭と身体を動かし、最後まで諦めず、向き合い、立ち向かい、見つめ、そして勇敢に(非常に稀有なことに)、その時を迎えたことと存じます。彼は編集者らしく自己より他を活かし、物事を俯瞰して捉え行動しておりました。特に「みずき書林」時代でそれは澄まされていたことと存じます。彼から得た信用で私は生きていかねばなりません。それは時に重大なプレッシャーとなりますが、どんな時も私を勇気づけてくれるものとなるでしょう。岡田さん、大変お疲れ様でした。また会いましょう。

Like
bottom of page