top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

●年前の今日


Googleフォトに「●年前の今日」をお知らせしてくれるサービスがあります。

それによると、4年前、2018年の7月28日には、大川さんの映画『タリナイ』のお披露目と『マーシャル、父の戦場』完成打ち上げを浅草で行っています。

映画に登場する蕎麦屋「かどや」でみんなで天丼を食べたのでした。


3年前、2019年の同日には、『なぜ戦争をえがくのか』の取材で、画家の諏訪敦さんのアトリエを訪れています。

時間通りに行ったら、直前まで仕事をしていたらしい諏訪さんが険しい表情で現れて「あと30分後にもう一回来てもらっていいかな」と言われ、緊張感がマックスになったのでした。


2020年の同日はコロナ真っ只中。

なんの予定もありません。

というかこの年の7月はほとんど何の用事もない7月でした。

あってもすべてオンライン。


2021年7月28日。

森岡書店と今野書店で『なぜ戦争をえがくのか』展示会が同時進行していたときでした。

僕は壁新聞の説明パネルを設置しに今野書店を訪れています。

2日前には畑澤さんの『母と暮せば』の2刷ができあがり、合間に非常勤講師もやっていました。暑くて、怒濤の日々でした。

そして2週間後に、僕は激しい腹痛に見舞われて倒れるのです(笑)。


時代を感じる説明パネルの文言


こうして振り返ると、いろいろありますね。


そして「●年前の今日」なんて通知は、やっぱり、楽しんで振り返るに値する生活を営んでいることが前提となっています。

いつの日か、誰かのスマホに「●年前の今日」の通知が来て、そのなかにもう二度と会えない相手として自分が映りこんでいるかもしれないと思うと、誰にともなく憐れをもよおします。


最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page