• みずき書林

床屋が裏山に掘った穴

なんかさー。

会わなくても何とかなるっていう感じが、ゆる~くじわ~っと浸透しつつある感じでさー。



致し方ない部分もおおいにある。

まわりの安全を考えれば、軽率なことはできない。

それは確か。


だから、もう嫌だとか。いますぐどうこうしたいとか。そんなことがいいたいんじゃない。

我慢はするし、できる。


でも。


これからはこんな感じが普通になるのかな。

モバイルで、リモートで。

自粛で、自宅で、自分ひとりで。

でもzoomがあるから、会わなくたって、だいじょーぶ。


直接会いたいなんて、旧世代の懐古趣味みたいになるのかな。

誰かと会うのは、河豚みたいなリスキーなご馳走になるのかな。



世界的な危機だから。

命にかかわることだから。

それはわかってる。わがままはできない。

でもこうなると、物わかりの良さそうな顔を続けるのもけっこうしんどいわ。



余はもういやじゃそちに会いたいと、聞き分けのない王様みたいな声を出したいけど、

じょうしきのあるおとなだから、そんなことはできません。


だから床屋が裏山に穴を掘るみたいに、ここに書くのです。


最新記事

すべて表示

覚悟をうながす経験は、満潮時の波のようにやってくるのかもしれない。 ひたひたと足元に寄せてきたと思うと、危うく足を濡らす寸前で引いていく。 それが何度か繰り返されるうちに、確実に波は水位を増してきて、やがて足を濡らし、徐々に足元を満たしていく。 しばらく続く今回の痛みも、そういう波のような経験のひとつなのだろう。 次の痛みは、今回の痛みよりもほんの少し強いのかもしれない。そうとは気づかないくらい少