• みずき書林

待ち合わせ

今日はこれから取材。

あと少ししたら、駅まで人を迎えに行きます。



いくつになっても、何回やっても、誰かに会うのは少々緊張します。

初対面の方はもちろん、もう何回も会っている人でも、会う前にはちょっとだけ逃げたいような気持になります。



最近は、「とてもそんなふうには見えないよ」と言われることもしばしばなのですが、本当はとてもシャイで引っ込み思案だから。

集合場所で待っているときに、なんだかソワソワして、相手がいままさにこちらに向ってきていると思うと落ち着かない気分になる人、いませんか。

同じように感じている人、けっこういるんじゃないかと思うのですが。



そしてそんな性格だけど、なのか、だからこそなのか、僕は待つほうが好きです。

待たせるのは本当に苦手です。

時間を気にしながら歩くのも嫌いです。

だからものすごく早く集合場所に着いたります。



さて、そろそろ出かけるか。

いま出ると時間が余りすぎるのはわかっているのだけど。



最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン