• みずき書林

待ち合わせ

今日はこれから取材。

あと少ししたら、駅まで人を迎えに行きます。



いくつになっても、何回やっても、誰かに会うのは少々緊張します。

初対面の方はもちろん、もう何回も会っている人でも、会う前にはちょっとだけ逃げたいような気持になります。



最近は、「とてもそんなふうには見えないよ」と言われることもしばしばなのですが、本当はとてもシャイで引っ込み思案だから。

集合場所で待っているときに、なんだかソワソワして、相手がいままさにこちらに向ってきていると思うと落ち着かない気分になる人、いませんか。

同じように感じている人、けっこういるんじゃないかと思うのですが。



そしてそんな性格だけど、なのか、だからこそなのか、僕は待つほうが好きです。

待たせるのは本当に苦手です。

時間を気にしながら歩くのも嫌いです。

だからものすごく早く集合場所に着いたります。



さて、そろそろ出かけるか。

いま出ると時間が余りすぎるのはわかっているのだけど。



最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.