• みずき書林

待ち合わせ

今日はこれから取材。

あと少ししたら、駅まで人を迎えに行きます。



いくつになっても、何回やっても、誰かに会うのは少々緊張します。

初対面の方はもちろん、もう何回も会っている人でも、会う前にはちょっとだけ逃げたいような気持になります。



最近は、「とてもそんなふうには見えないよ」と言われることもしばしばなのですが、本当はとてもシャイで引っ込み思案だから。

集合場所で待っているときに、なんだかソワソワして、相手がいままさにこちらに向ってきていると思うと落ち着かない気分になる人、いませんか。

同じように感じている人、けっこういるんじゃないかと思うのですが。



そしてそんな性格だけど、なのか、だからこそなのか、僕は待つほうが好きです。

待たせるのは本当に苦手です。

時間を気にしながら歩くのも嫌いです。

だからものすごく早く集合場所に着いたります。



さて、そろそろ出かけるか。

いま出ると時間が余りすぎるのはわかっているのだけど。



最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴