• みずき書林

文字を読みまくる週末


世間は4連休らしいが、関係なし。


次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。

戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。

先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。


ここのところ集中的にやりとりしている原稿。

1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。

ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。


次のZINEの原稿。

今回も実に楽しい。

にぎやかで、ほろ苦くて、奇妙で、ぶっ飛んでいる。

今回もしかけが盛りだくさん。


授業準備。

前回、この講義で聞きたいことを募集した。

その160通のメールをがんがん読み、とりあげる質問を40個ほどピックアップしてジャンルごとに分類。


なんてことをやっているうちに週末が終わる。

眠い。寝よう。


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン