• みずき書林

文字を読みまくる週末


世間は4連休らしいが、関係なし。


次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。

戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。

先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。


ここのところ集中的にやりとりしている原稿。

1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。

ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。


次のZINEの原稿。

今回も実に楽しい。

にぎやかで、ほろ苦くて、奇妙で、ぶっ飛んでいる。

今回もしかけが盛りだくさん。


授業準備。

前回、この講義で聞きたいことを募集した。

その160通のメールをがんがん読み、とりあげる質問を40個ほどピックアップしてジャンルごとに分類。


なんてことをやっているうちに週末が終わる。

眠い。寝よう。


最新記事

すべて表示

授業がスタート(たぶん)

ちょっとぼんやりしていると、あっという間に時間が経っていきます。 来週月曜からは授業が始まるのだけど、いまに至るまで履修者情報がアップされない。 何人受講するのだろう? この春から新しく担当するコマなので、人数がよくわからない。 もしかしたら受講者ZERO? それはそれでいいけど。 前任者がやっていた昨年の同名の講義は、10人以内の少人数だったとのこと。 だから演習形式で進めようと思って準備してる