• みずき書林

『旧日本軍朝鮮半島出身軍人・軍属死者名簿』

最終更新: 2019年1月31日


『旧日本軍朝鮮半島出身軍人・軍属死者名簿』の編著者、菊池英昭さんとお目にかかりました。

『マーシャル、父の戦場』を読んでいただき、著書内のウォッチェ関連の名簿のコピーを、小社を介して大川さんにお送りいただいたのがご縁でした。



同書は、B5判約1400頁という大著。

2万2000名近くの、朝鮮半島出身の軍人・軍属の死者名簿です。

陸軍篇と海軍篇にわかれて、それぞれに出身地別にまとめられています。


掲載されている情報は、

創氏名・姓名、親権者、親権者との関係、原簿番号、所属、死亡場所、死亡事由、死亡年月日、生年月日、階級、死亡区分、本籍地、親権者住所

ひとりにつきこれだけの情報が、巻末の解説などを除いた1200頁超にわたってまとめられています。



これだけのことを、入力まで含めて、菊池さんはほとんどひとりで行いました。

出版まで、20年もの歳月を要しています。


凄まじい労力の源は何だったのか。

菊池さんは「供養だと思った」とおっしゃいました。



肌寒いけれど気持ちよく晴れた午後。

立川駅からバスで20分ほどのところにある団地群。

平日の昼間だから、ひどく静かです。

都市郊外の典型的な住宅風景。

そんなありふれた風景のなかの一室に、営々と戦死者の名前を打ち込み続けた人が暮らしていました。


団地の9階からは、米軍基地が遠くに見えました。

高齢の菊池さんを気遣ってでしょうか、お話をうかがっている途中で、団地の同じ棟に住んでいるとおぼしき近所の方が訪ねてこられました。



新幹社刊 2017年7月

最新記事

すべて表示

ハイブリッド授業

オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。 10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。 まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。 オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。 音声はマイクを通してハウリングしないのか。 対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.