top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

昨日の続き、嫉妬と未練のこと

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。

もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。

今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。


僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります。いかにこのところ調子がいいとは言え、中長期的な目でみれば、僕はいま、そういうシチュエーションにいます。なにか真新しい初々しい気持ちになれないのはしかたがありません。


しかし翻ってみるに、わずか5年前には、僕も自分の版元を立ち上げたばかりで、初々しく興奮していたはずなのです。そのころの高揚感はありありと思い出すことができます。

あのころは、というか病気が発覚して時間的間にも体力的にも実際に仕事上の制約を被るまでは、僕も楽しくどきどきしていたはずでした。


いまも世が世ならば、堀くんと一緒になって、ああでもないこうでもないと話し合って、新しいことを始めてみたり、いろいろ思案したりしているはずなのです。


今日不意にそのことに対して羨望のような、嫉妬のような気持ちを感じました。

堀くんに限らず、新しいことを始めようとしている仲間が他にもいます。

彼ら彼女たちに幸多からんことを。

あなたたちと同行できないことを悔しく思います。

ええ。しかしこれも未練だ。

思っても詮ないことです。

最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

Comments


bottom of page