• みずき書林

普通の日記

日曜日。

なぜかまったく眠れずに、3時まで原稿を読む。

読みながら、ワードの校正機能に提案やメモをがしがし書き込む。

提案をしたりブラッシュアップしたりすべき原稿がたまっている。



寝て、すぐ起きるような感じで起床。

シャワーを浴びて、原稿を読む。

昨夜とは別の原稿。午後から研究会なんだ。



昼は土曜に作り置いたアマトリチャーナスパゲッティとピクルス。



14時から神話研究のオンライン研究会。

さすが、司会の先生がすごく慣れていらっしゃる。

発表時は他の人はミュートにしましょうとか、質疑応答のときは挙手のかわりに反応ボタンをクリックしましょうとか、仕切りがスムーズで、オンライン授業で練磨した手練れ感がある。


2時間の研究会ののち、1時間ほど出版の打ち合わせ。

編者の先生方とともに、研究会で発表した方さっそくそのまま執筆依頼。

リアルでいえば、懇親会で取り囲んで口説くようなものか。



ちょこっと休憩して、夕食を作る。


昨晩から塩麹に漬け込んでおいた鶏肉の唐揚げ。

キャベツと胡瓜と大葉の浅漬けサラダ。

蕪と胡瓜のサラダ。

ピクルス。

すべて漬け込んでほったらかしにする料理。こういうのをいっぱい作っておくと便利。

塩麴の具合といい揚げ時間といい、唐揚げはひとつの正解を得たかもしれん。



夜は向田邦子を読みながら寝落ち。




最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン