• みずき書林

月末支払日


月末なので、支払い手続きを一気に行いました。


その月に払うべき請求書類は、デスク左隅の書類トレイにまとめてあります。

つまり、毎日デスクに座るたびに、請求書が目に入るわけです。

そして支払いを済ませた書類は束にして、税理士さんに送るために引き出しにしまいます。



というわけで、毎月25日(土日祝の場合は前日)の朝に支払いを済ませると、一瞬とはいえこの書類群がデスク上からなくなります。

同時に、当たり前のことですが、口座残高もなくなります。


この瞬間の、すっきりしたような、気持ちが不安定に震えるような思いを何にたとえましょう。

視覚的には悪くない。心理的にはお寒い。

デスクがきれいなのはいいことです。しかし素寒貧、という言葉が脳裏を過ぎる。

椅子に座って、パソコンで口座を遠隔操作しただけ。ということは実働数十分なのに、どっぷり疲れています。遠隔操作と遠藤周作は字面が似ている。などと愚かしいことをぼんやり考えます。



会社員時代は、25日はpaydayだから楽しみでもありました。

独立してからは、あんま楽しくない(笑)。

毎月のことなんだけど、この感情に慣れる日は――あるいは、余裕で支払をしたうえで残高を見ても心が震えない、という日は来るのか(苦笑)。


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴