• みずき書林

月末支払日


月末なので、支払い手続きを一気に行いました。


その月に払うべき請求書類は、デスク左隅の書類トレイにまとめてあります。

つまり、毎日デスクに座るたびに、請求書が目に入るわけです。

そして支払いを済ませた書類は束にして、税理士さんに送るために引き出しにしまいます。



というわけで、毎月25日(土日祝の場合は前日)の朝に支払いを済ませると、一瞬とはいえこの書類群がデスク上からなくなります。

同時に、当たり前のことですが、口座残高もなくなります。


この瞬間の、すっきりしたような、気持ちが不安定に震えるような思いを何にたとえましょう。

視覚的には悪くない。心理的にはお寒い。

デスクがきれいなのはいいことです。しかし素寒貧、という言葉が脳裏を過ぎる。

椅子に座って、パソコンで口座を遠隔操作しただけ。ということは実働数十分なのに、どっぷり疲れています。遠隔操作と遠藤周作は字面が似ている。などと愚かしいことをぼんやり考えます。



会社員時代は、25日はpaydayだから楽しみでもありました。

独立してからは、あんま楽しくない(笑)。

毎月のことなんだけど、この感情に慣れる日は――あるいは、余裕で支払をしたうえで残高を見ても心が震えない、という日は来るのか(苦笑)。


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン