• みずき書林

月末支払日


月末なので、支払い手続きを一気に行いました。


その月に払うべき請求書類は、デスク左隅の書類トレイにまとめてあります。

つまり、毎日デスクに座るたびに、請求書が目に入るわけです。

そして支払いを済ませた書類は束にして、税理士さんに送るために引き出しにしまいます。



というわけで、毎月25日(土日祝の場合は前日)の朝に支払いを済ませると、一瞬とはいえこの書類群がデスク上からなくなります。

同時に、当たり前のことですが、口座残高もなくなります。


この瞬間の、すっきりしたような、気持ちが不安定に震えるような思いを何にたとえましょう。

視覚的には悪くない。心理的にはお寒い。

デスクがきれいなのはいいことです。しかし素寒貧、という言葉が脳裏を過ぎる。

椅子に座って、パソコンで口座を遠隔操作しただけ。ということは実働数十分なのに、どっぷり疲れています。遠隔操作と遠藤周作は字面が似ている。などと愚かしいことをぼんやり考えます。



会社員時代は、25日はpaydayだから楽しみでもありました。

独立してからは、あんま楽しくない(笑)。

毎月のことなんだけど、この感情に慣れる日は――あるいは、余裕で支払をしたうえで残高を見ても心が震えない、という日は来るのか(苦笑)。


最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

どんなふうに暮らしていけばいいのか、あらためて整理してみた。

さて。 首都圏のみなさまにはいかがお過ごしでしょうか。 もう1回経験したことですから、ゆったりした気持ちで臨みましょう。 幸いにも、僕自身の暮らしはそうは変わらないはずです。 もちろん今後どうなるかはわかりませんが、医療従事者や飲食関係者、そのほか接客業・店舗など直接的に即効的に影響を受ける方々に比べれば、まだしも耐えやすいのは確かです。 そういう境遇にいることに感謝しつつ、誰かに迷惑をかけないよ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.