top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

父と暮せば


先日、紀伊国屋サザンシアターにて『父と暮せば』を観ました。


いうまでもなく、井上ひさしの名作。

芝居を観るのははじめてですが、映画も観ていて、本も読んでいます。だからこりゃ泣くだろうな、ということは観る前からわかっていたんです。


泣きたい感情がこみあげてきて、それを何とか我慢しようとするときって、奥歯のほうに力が入りますよね。

そうすると頭蓋骨の奥の方から「ごごごご」というくぐもった音がしませんか?

耳の奥の空洞に水が溜まっていくみたいな音です。

あ、いかん。やばいやばいと思っていると、じわっと涙が出てきます。

後半は、美津江が何かいうたびにグッっときちゃって、もうだめです。

こういうのを観るときには、涙と鼻水を吸収したあとの、替えのマスクがいりますね。



ところで、『父と暮せば』の主人公は福吉さんです。


美津江 昭子さんが福村、うちが福吉、名字のあたまがおんなじ福じゃけえ、八年間通して席もいっしょ、陸上競技部もいっしょ。じゃけえ、うちらのことを二人まとめて「二福」いう人もおったぐらいでした。

竹造 二人じゃけええかったんじゃ。もう一人二人、福の字のつくんがおってみい、まとめて「お多福」、いわれとったかもしれんけえな。


というやりとりがあります。

さっきふと気づいたのですが、『母と暮せば』の親子は福原なんですね。

このあたりの洒落っ気は、井上ひさしの遺志を継いだ山田洋次さんでしょうか。


パンフにも新刊情報を載せてくださいました!


最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Commenti


bottom of page