top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

痛快ウキウキ通りも8時以降は灯が消えて

小沢健二の「泣いちゃう」という新曲がリリースされました。

かつて、


東京タワーから続いてく道

君は完全にはしゃいでるのさ


と歌っていた人が、


表参道は街路樹が灯らなくなり

明治神宮前まで空いてます


と歌い出します。

ブロッコリーの花椒炒め。以下、画像は本文とは関係ありません。


ジャケットの小沢健二は、ぱっと見はほとんど年を感じさせません。

年齢的には――僕もそうであるように――すっかり大人なんだけど。

そしてマスクをしています。


東京タワーをすぎる急カーブを曲がり

あっというま海が見えりゃ気分も晴れるでしょ


と歌っていたあの人が、


わたしたちは 一人のキッチンで

世のありさまを呪いつつ

泣いちゃいます


と歌っています。

彼のセカンドほど多幸感に溢れたアルバムを僕は知らないのだけど。

東坡肉


わかる わからない

わからないことはふえてゆきますね 生きてると


わからない わかる

わかることもふえてくる まじめに暮らしてると


今はあの頃ほど熱心に彼の音楽を聴いているわけではないけれど。


でもよく聞くと、あいかわらず子どもっぽい歌詞ではある。それだけにいっそう、なんだか悲しい。


レタスのオイスターソース


小沢健二は不意に、でもしばしば、「宇宙」から見た「この世」を歌うことがあって、さっきまでダッフルコート着て恋人とはしゃいでいた男がいきなり神瞰的な慈しみを歌うところが彼の面白さなのだけど、


遠くから届く宇宙の光 街中でつづいてく暮らし


と歌っていた彼が、


ああ 地球は美しく

秘密の雫が降ってくる

でもそれを 表で言うと

なにか危険な人と思われそう


と歌っている。


春巻き

我われはいま、あの小沢健二が大人になって、ちょっとへこたれそうになって、ことばを探しあぐねているような世界に生きている。

『LIFE』を愛聴していたころは、こんな気持ちで彼の新曲を迎えることになるとは思ってもみなかったなあ。

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

コメント


bottom of page