• みずき書林

社名の由来

最終更新: 2018年11月27日

新社名を決めたのは、3月の頭頃でした。

あまり奇を衒わずにシンプルに、


みずき書林


にしました。

「みずき」というのは、僕がもし女の子だったら両親がつけるはずだった名前です。


40年前の3月に、僕はボストンで産まれました。

予定日より1ケ月以上早い出産で、産まれたときには肺から出血していて、危険な状態だったとのことです。

(早産で3月が誕生日になったことは、考えてみれば僕の人生に決定的な影響を与えていると思います。もし予定通り4月以降になっていれば学年が変わり、出会う相手や経験もまったく異なるものになったはずです)


異常に早く産まれたため、連絡を受けてタクシーに乗って病院に向かっている時点で、父親はまだ名前を決めていませんでした。

タクシーの窓から花水木の並木が見えて、父は女の子だったら「みずき」にしようと思ったらしいです。


それで「みずき書店」にしようと考えたのですが、そのことを前職の人たちに発表したところ、ある先輩が「書林にすれば林太郎の〈林〉の字も入るよ!」と提案してくれました(荒井さん、見てますか?)。


というわけで、自分の分身という意味に、もうひとつの人生の誕生という意味も込めて、自分だったかもしれない女の子の名前をいただくことにして、〈書〉の字を挟んで本名もまぎれこませました。


危険な状態で生まれた、というところもそっくりですが(笑)、しぶとく生きていきたいものです。


最新記事

すべて表示

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

2020年、みずき書林の5大ニュース

大晦日ですね。 以下今年のニュース。 順番は重要度ではない。起こった順。 1.正月早々高熱を発して寝込む (寝てたら下瞼のくぼみに汗が溜まるくらい高熱だった。いま思えばあれはインフルだった) 2.紅茶をこぼして、キーボードを壊す。 (地味だ) 3.電子化した (全アイテムはまだなんだけど。しかしわかっていたことではあるが、別に電子化したからといって売り上げが目に見えてアップするわけではなかた……)

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.