• みずき書林

福山雅治ってかっこいいよね。


という日本中が気づいていたことに、昨日気づきました。


いや、僕だって知らなかったわけじゃない。

福山雅治はかっこいい。

ただ昨日ぼくは、福山は歳を経て、いまだに、前以上にかっこいいことに気づきました。



そう、人は老います。

福山雅治とて例外ではない。

もう50歳なのだそうだ。



鋭角だった顎のラインが、横から見るとややふっくらしています。

目元や口元に刻まれた皺が、(あいかわらずチャーミングであることは確かであるものの)昔よりは目立つようになりました。

かつて完全無欠の美貌を誇った男が夜中のキッチンで嗚咽し、照明とカメラがとらえるその影は、かつてよりも多く、光の領域を侵しています。



そんな彼はとてもかっこよく、僕の眼には昔より断然魅力的で、スクリーンを観ながらときめいたのでした。

(何書いてるんだ(笑))



コメディタッチの青春映画なんかで、よくフィッティングルームのシーンがありますね。

妙齢の女優さんが、次から次へと綺麗な服を着替えて試着室から出てくるのをジャンプカットで見せるという、本編とは何の関係もないファンサービス的なアレね。

今回の映画では、福山雅治があれに近いことをやるシーンがあります(笑)。

アー写を撮るシーンで、眼鏡をはずしたり髭を剃ったり微笑んだりする福山雅治(50)を、観客全員で愛でる。


なんだかもう、老若男女問わず、劇場全体が「福山……」という溜息で一体となるのでした。



以上、『マチネの終わりに』の感想でした。

最新記事

すべて表示

ダンス・ダンス・ダンス

僕らのまわりにある大抵のものは僕らの移動にあわせてみんないつか消えていく。それはどうしようもないことなんだ。消えるべき時がくれば消える。そして消える時が来るまでは消えないんだよ。たとえば君は成長していく。あと二年もしたら、その素敵なワンピースだってサイズがあわなくなる。トーキング・ヘッズも古臭く感じるようになるかもしれない。――『ダンス・ダンス・ダンス』 なんやかんやと言われますが、村上春樹が好き

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.