top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

福山雅治ってかっこいいよね。


という日本中が気づいていたことに、昨日気づきました。


いや、僕だって知らなかったわけじゃない。

福山雅治はかっこいい。

ただ昨日ぼくは、福山は歳を経て、いまだに、前以上にかっこいいことに気づきました。



そう、人は老います。

福山雅治とて例外ではない。

もう50歳なのだそうだ。



鋭角だった顎のラインが、横から見るとややふっくらしています。

目元や口元に刻まれた皺が、(あいかわらずチャーミングであることは確かであるものの)昔よりは目立つようになりました。

かつて完全無欠の美貌を誇った男が夜中のキッチンで嗚咽し、照明とカメラがとらえるその影は、かつてよりも多く、光の領域を侵しています。



そんな彼はとてもかっこよく、僕の眼には昔より断然魅力的で、スクリーンを観ながらときめいたのでした。

(何書いてるんだ(笑))



コメディタッチの青春映画なんかで、よくフィッティングルームのシーンがありますね。

妙齢の女優さんが、次から次へと綺麗な服を着替えて試着室から出てくるのをジャンプカットで見せるという、本編とは何の関係もないファンサービス的なアレね。

今回の映画では、福山雅治があれに近いことをやるシーンがあります(笑)。

アー写を撮るシーンで、眼鏡をはずしたり髭を剃ったり微笑んだりする福山雅治(50)を、観客全員で愛でる。


なんだかもう、老若男女問わず、劇場全体が「福山……」という溜息で一体となるのでした。



以上、『マチネの終わりに』の感想でした。

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page