• みずき書林

絶読――5/2

5/2(月)曇り


7:30起床。連休の谷間だからか、昨日少々飲み過ぎたのか、起きるのが遅い。

とはいえ、ワインをグラスに4杯(?)くらいか。昔だったらまったく酔うような量ではない。思えば弱くなったものよ。


朝食は面倒くさいときの味方。

いただきもののフリーズドライのお粥(食欲がないときに至極便利)に豆腐と生卵をインしてボリューム感をアップ。葡萄とヨーグルト。お腹に優しい。

例によってクリーム散歩。散歩の時のクリームはいつもご機嫌。


9時30分から仕事開始。

イラスト発注の最終的な整理を一気にやってしまう。

返す刀で、本文レイアウトの依頼メールも送信。

図ったわけではないけれど、今回は著者も含めて、イラストレーターさんも組版さんも女性のチームになりそう。それぞれに今まで仕事をして来た、信頼できる方たち。本の内容的には、たとえば『銃・病原菌・鉄』みたいな、モノから見た博物史といった硬派な雰囲気も出せたと思うけど、そうではなくて、柔らかくて穏やかな知性を醸したい。


昼食は温かい蕎麦。

昨日の残りの鶏手羽をオン。八角の効いた中華風のたれに醤油と鰹ベースの和風出汁を合わせるとなかなかいける。中華風鴨南蛮みたいな味わい。


明日の打ち合わせ用の本を読みながら1時間ほど昼寝。


午後は、新刊のネット登録を2件分済ませてしまう。

トランスビューのDM用のデータも一緒に終わらせる。


最後に書いた文章を絶筆と呼ぶが、そういうものがあるなら、最後に読んだもの「絶読」という考え方もありかもしれない。

『絶読――病気と、最後に読みたい文章』

という企画を考えた。

病気と闘い、付き合っている様々な人が、最後に読みたい文章について綴るアンソロジー。悪くないと思うけど、書いてくれる人は少ないかな。


10分でこの日記を書き飛ばし、いまから夜のクリーム散歩。

それからごはん。今晩は問答無用で、昨日の残りの餃子。

散歩に挟まれて暮らしている。



おやつをもらうときと散歩にいくときは、こんな顔。

最新記事

すべて表示

28日(水)はデザイナー宗利さんを中心として、宗利さんにお世話になっているひとり出版社仲間が集まって会食。 思えば前職を辞めてみずき書林を立ち上げたとき、真っ先に連絡をとったのが組版の江尻さんと、デザイナーの宗利さんでした。 新しい出版社での仕事は、このおふたりと組めれば最高だと思っていました。 いまなお、ずっと付き合いが続いているのは、とても幸福なことです。 29日(木)はケモ。 10時に家を出