top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

絶読――5/2

5/2(月)曇り


7:30起床。連休の谷間だからか、昨日少々飲み過ぎたのか、起きるのが遅い。

とはいえ、ワインをグラスに4杯(?)くらいか。昔だったらまったく酔うような量ではない。思えば弱くなったものよ。


朝食は面倒くさいときの味方。

いただきもののフリーズドライのお粥(食欲がないときに至極便利)に豆腐と生卵をインしてボリューム感をアップ。葡萄とヨーグルト。お腹に優しい。

例によってクリーム散歩。散歩の時のクリームはいつもご機嫌。


9時30分から仕事開始。

イラスト発注の最終的な整理を一気にやってしまう。

返す刀で、本文レイアウトの依頼メールも送信。

図ったわけではないけれど、今回は著者も含めて、イラストレーターさんも組版さんも女性のチームになりそう。それぞれに今まで仕事をして来た、信頼できる方たち。本の内容的には、たとえば『銃・病原菌・鉄』みたいな、モノから見た博物史といった硬派な雰囲気も出せたと思うけど、そうではなくて、柔らかくて穏やかな知性を醸したい。


昼食は温かい蕎麦。

昨日の残りの鶏手羽をオン。八角の効いた中華風のたれに醤油と鰹ベースの和風出汁を合わせるとなかなかいける。中華風鴨南蛮みたいな味わい。


明日の打ち合わせ用の本を読みながら1時間ほど昼寝。


午後は、新刊のネット登録を2件分済ませてしまう。

トランスビューのDM用のデータも一緒に終わらせる。


最後に書いた文章を絶筆と呼ぶが、そういうものがあるなら、最後に読んだもの「絶読」という考え方もありかもしれない。

『絶読――病気と、最後に読みたい文章』

という企画を考えた。

病気と闘い、付き合っている様々な人が、最後に読みたい文章について綴るアンソロジー。悪くないと思うけど、書いてくれる人は少ないかな。


10分でこの日記を書き飛ばし、いまから夜のクリーム散歩。

それからごはん。今晩は問答無用で、昨日の残りの餃子。

散歩に挟まれて暮らしている。



おやつをもらうときと散歩にいくときは、こんな顔。

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comentários


bottom of page