• みずき書林

肉料理の日々


アメ横センタービル地下食品街、いいですよね。

むかし近くに住んでいたころはよく通いましたが、最近またハマりつつあります。

わけのわからない食材を買ってみるのも楽しいですが、いまはここで大量の肉塊を買い込んでくるのがお気に入りです。

なんといっても安いですから。


3000円も出せば、3~4キロぐらいの各種肉が買えます。

しかも店の兄さんが大雑把な人であれば、値段の端数を盛大に切り捨ててくれたりもします。


先日は、牛ロースブロック、豚肩ロースブロック、ラムのモモかたまりなどを購入。

それを抱えていそいそと帰宅し、下処理です。



余分な脂身をのぞき、大きな肉の塊を使いやすい分量に切り分けます。

なにしろ大量にあるので、すぐに使わない部分はラップして冷凍。


牛肉は一口大に切って塩をふって、クローブとともに赤ワインに漬けこみます。

豚肩ロースは大きなブロックのまま塩をすりこんで、キッチンペーパーでくるんでラップして寝かせます。

羊は食べやすい大きさに切り分けて塩をふり、ガラムマサラ、ナツメグ、カレー粉とともにヨーグルトに漬けこみます。


冷蔵庫の中で放置すること1日~4日ほど。

ここまでやっておけば、この先で失敗することはほぼありません。


牛肉はビーフシチューに。

大量の玉ねぎをじわじわ丁寧に炒めて赤ワインでひと煮立ちさせるのはもちろん(こういうときのために安いボックスワインを常備)、我が家では水の代わりにトマトの水煮缶を使用して煮込みます。ほどよい酸味とコクが出ます。

肉が柔らかくなるまで時間の許す限り弱火で煮込みまくり、一晩寝かせてさらにしつこく煮込みます。ぜんぶで5時間以上は煮込んだでしょうか。




豚肉のかたまりは塩をたっぷりすりこんでキッチンペーパーを敷いて3日も放置しておくと、余計な水分が抜けて、肉が濃い赤色に変化します。

表面を強火でしっかり焼いたら、薄くスライスした大量の玉ねぎ、皮付きのジャガイモ、白ワインとともに200度のオーブンに入れて1時間ロースト。

10分ほど前にズッキーニやトマトなど火の通りやすい野菜も放り込みます。



羊はタジン鍋で煮込みます。ついでに、冷蔵庫に残っている野菜なども適当に切って放り込みます。

タジンは、いったいどこからこんなに水分が出てくるんだというくらい、野菜の水分をうまく引き出しますね。

クスクスを添えると、なんちゃって北アフリカっぽさが増します。



どの肉もしっかり寝かせているので肉質が密になり、時間をかけて火を入れるのでほろほろと柔らかくなります。




アメ横で買える肉の塊は、さしが入っているとかそのままで柔らかいとか、そういう高級肉ではありません。

肉を柔らかくして味をしみこませるためには、下準備に時間をかけて、煮込んだりローストしたりタジンを使ったりして、時間に料理してもらうのがいいようです。



最新記事

すべて表示

中長期的な理想と、直近の怒り

聖心女子大学で開催中の、 「気候変動とスポーツの祭典」 「暮らしから捉え直す SDGs / 気候アクション」 に行ってきました。 家から徒歩10分。もとJICAの施設があった場所です。 一番の感想を先に書いておくと、 個人の〈顔〉が見えるということがとても大事。 ということでしょうか。 気候変動・環境保全についての展示で、日常生活とオリンピックというふたつのコンセプトの展示がシームレスにつながって

料理・歌・テレビドラマ

鶏肉は薄く削ぎ切りにする。 大根も千六本に刻む。 池波正太郎先生の必殺仕掛人シリーズで、梅安と彦次郎が食べる、鳥と大根の鍋。 しっかりめに張った出汁に、ひとすくいの味噌と、醤油と酒を少々。 にんにくと生姜をたっぷり摺り下ろす。 豆腐も入れる。 「千六本にした大根は早く煮える」 という本編とはまるで無関係な一文が挿入されるところが、いい。 〆には、買い置きしてある乾麺のラーメンを入れる。最近、お気に

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.