• みずき書林

自分を作った100曲(上)


以前に本でやったものの音楽バージョン。


わりと簡単にリスト化できたけど、漏れてる曲や忘れているミュージシャンも膨大にあるだろうな。

とりあえず思いつくままに一気に書き出してみました。


・1ミュージシャンにつき1曲とする

・世間的なヒット曲でなくても、自分にとって思い出深い曲をチョイス

・今回は原則として外国語で歌詞のあるものに限定。結果、イギリス・アメリカ方面のロック/ポップミュージック中心のリストになった

・よって、ジャズ、クラシック、日本の音楽については今回は入れていない

・思いついたままにリスト化したので、順番は無関係


おおよそ以上の基準で。

子どもの頃に家でMJやビートルズがかかっていて、ハードロック・メタル~グランジ(中高生時代)からブリットポップ(大学時代)を経ていまに至るという、40歳前後にはわりと共感してもらえるプレイリストになったのではないでしょうか。



ひとまず前半50曲。


1 The Beatles, Don’t Let Me Down

2 XTC, the Mayor of Simpleton

3 Elvis Costello, Everyday I Write a Book

4 The Allman Brothers Band, Jessica

5 Michael Jackson, Bad

6 David Bowie, Strangers When We Meet

7 Sting, Seven Days

8 The Police, Every Little Thing She Does is Magic

9 Phil Collins, Don't Lose My Number

10 Joni Mitchell, Bose Sides, Now

11 Fairground Attraction, A Smile in a Whisper

12 Eddi Reader, Bell books and candle

13 Jesse Winchester, Sham-A-Ling-Dong-Ding

14 John Butler, Ocean

15 John Mayer, Still Feel Like Your Man

16 Oasis, Whatever

17 Van Morrison, Crazy love

18 Tom Waits, Time

19 Nick Lowe, Half a boy and half a man

20 Annie Lennox, No More I Love You's

21 Dr. Feelgood, That's it, I Quit

22 George Michael, Faith

23 Aerosmith, Livin' on the Edge

24 The Jam, Town Called Malice

25 Genesis, Invisible touch

26 Simon & Garfunkel, Why Don't You Write Me

27 Paul Simon, Still Crazy After All These Years

28 The Style Council, Shout to the top

29 Pet Shop Boys, Se a vida é

30 Queen, Somebody to Love

31 Arrested Development, Honeymoon Day

32 Reef, Place Your Hands

33 Smashing Pumpkins, Tonight, Tonight

34 Foo Fighters, Monkey Wrench

35 Thied Eye Blind, Semi-Charmed Life

36 Green Day, Scatterd

37 The Prodigy, Firestarter

38 Pulp, Disco 2000

39 The Rolling Stones, Honky Tonk Woman

40 Suede, Trash

41 Pearl Jam, Who You Are

42 Nirnana, Heart-Shaped Box

43 U2, With or Without You

44 Soul Asylum, Misery

45 Radio Head, Black Star

46 Matthew Sweet, Sick of Myself

47 Underworld, Born Slippy

48 Skid Row, Slave to the Grind

49 Metallica, Enter Sandman

50 The Kinks, Days


最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生