top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

退院 8/30


8月30日(火)


ようやく退院しました。

朝6時に目覚める。うとうとしながら7時。

最後の検温と脈拍。

体調はいい。


最後の朝食は三分粥、具なし味噌汁、謎のどろどろした野菜ペーストみたいなの、ヨーグルトムースみたいなデザート。お茶。

当然ながら、最後まで流動食っぽい食事だった。一回くらい常食を食べてみたいけど、消化器系をやられているので、病院で常食を食べることはこれからもないだろうな。


9時、看護師さんから退院後の諸注意や薬をいただく。

9時30分、事務の方と荷物のチェック。前日に準備は済ませていたので、忘れ物などはなし。スムーズに終わる。

妻が迎えに来てくれる。

タクシーで帰宅。


クリームはしばし「誰だっけ? こいつ?」みたいな顔でフリーズしてた。この1年で、こんなに離れて暮らしたことはなかったからね。

しばらくしたら再起動が完了したみたいで、じゃれついてきた。

やっぱり触れるっていい。


入院していた期間に、たくさんのメールやメッセージをいただきました。

ひとりひとりのお名前を挙げてお礼を伝えたいですが、とても長いリストになるので割愛させてください。

ほんとうにありがとうございました。

おかげさまで、長い入院期間を乗り切ることができました。


この間に印象にのこった言葉を。


「私はそれがどんな内容であっても岡田さんの日記にいつも考えるちからや勇気をもらっています。今後も、どんな内容でも思ったことを発信していってほしいと思います」


"People will forget what you said, people will forget what you did, but people will never forget how you made them feel"


ほかにもたくさんあるんだけど、ひとまず。


体重はやはりかなり落ちていた。

昨年の経験から元に戻せることはわかっているので、焦らず少しずつ戻していこう。


明日から徐々に日常復帰です。





最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

Comments


bottom of page