top of page
  • みずき書林

鷗外を読む


来年は、森鷗外をまとめて読んでみることにしました。

もちろん、過去にも代表作は読んだことはあったけれど、ちょっと思うところがあって、あらためてきちんと読んでみようかと。

来年中の目標とはいえ、さっそく今夜から始めましょう。



いちお言っておくと、僕の名前は森鷗外の本名から採られているわけです。

林太郎。といいます。

森林太郎。

木が多すぎる名前。



ともあれそういうご縁もあるので、遅ればせながらざっとでも全作品にチャレンジしてみようかと思います。

依拠するのはちくま文庫版の森鷗外全集。



「石炭をば早や積み果てつ。」からはじめて、どこまで行けるか。

まあやってみましょう。



最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

bottom of page