• みずき書林

鷗外を読む


来年は、森鷗外をまとめて読んでみることにしました。

もちろん、過去にも代表作は読んだことはあったけれど、ちょっと思うところがあって、あらためてきちんと読んでみようかと。

来年中の目標とはいえ、さっそく今夜から始めましょう。



いちお言っておくと、僕の名前は森鷗外の本名から採られているわけです。

林太郎。といいます。

森林太郎。

木が多すぎる名前。



ともあれそういうご縁もあるので、遅ればせながらざっとでも全作品にチャレンジしてみようかと思います。

依拠するのはちくま文庫版の森鷗外全集。



「石炭をば早や積み果てつ。」からはじめて、どこまで行けるか。

まあやってみましょう。



最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン