• みずき書林

鷗外を読む


来年は、森鷗外をまとめて読んでみることにしました。

もちろん、過去にも代表作は読んだことはあったけれど、ちょっと思うところがあって、あらためてきちんと読んでみようかと。

来年中の目標とはいえ、さっそく今夜から始めましょう。



いちお言っておくと、僕の名前は森鷗外の本名から採られているわけです。

林太郎。といいます。

森林太郎。

木が多すぎる名前。



ともあれそういうご縁もあるので、遅ればせながらざっとでも全作品にチャレンジしてみようかと思います。

依拠するのはちくま文庫版の森鷗外全集。



「石炭をば早や積み果てつ。」からはじめて、どこまで行けるか。

まあやってみましょう。



最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴