• みずき書林

10/30(土)神保町ブックフリマに出展します

更新日:10月20日

今日はケモの2回目。

まあ、疲れた。


たくさん書きたいことがある1日だったけど、ひとまずもう眠い。


告知をひとつ。

10/30(土)の神保町ブックフリマに、読書人さんの会議室をお借りして出展することになりました。


読書人さんのオフィスの隣にある会議室スペースに複数社が入って自社本を販売するのですが、そこで小社も販売します。


読書人さんは神保町すずらん通りの好立地。


フリマは翌日31日(日)もやってますが、小社は都合により、30日(土)のみの出展。


高額の写真集からZINEまで、この3年ほどの成果物を一堂に並べてみようと思います。


そのほか、ポストカードやコースターなど過去に制作したノベルティを盛大にプレゼント予定。


噂によると、隣のブースは古巣の勉誠で、ぼくの旧友たちと並んで本を売ることになります(笑)。


というわけで、お時間のある方、秋の一日に本を囲んでのんびりお話でもいたしましょう。



最新記事

すべて表示

鷗と月――社名は難しい。

会社の名前を決めるのは難しい。 2018年に創業するときに、社名を「みずき書林」としました。 その由来はけっこう喋ったり書いたりしてきました。 そのときに、他にはどんな候補があったんですか? というのはたまに訊かれる質問です。 ボツになった名前というのはなかなか公開するのが恥ずかしいんだけど、せっかくなので、ボツ社名を書いておきましょう。 1.かもめ書店 僕の名前は林太郎と言います。 いうまでもな