• みずき書林

1943年10月11日~12日


アジア太平洋を、1941年12月8日の真珠湾奇襲から始まり、45年8月15日の玉音放送で終わったものとみなすなら(始まりと終わりにに諸説・異説があるとしても、最も一般的に認知されているのは、12月8日であり8月15日でしょう)、その間は1347日になります。


そしてそのちょうど中間地点はいつかというと、1943年10月11日~12日が、開戦から673~674日目で、折り返し地点に当たります。


もちろん、この折り返しの日にはなんの意味もありません。

当時の人たちはこの日が中間地点だとは知る由もなく、またいまから振り返ってみたところで、結果的に真ん中だというだけで、とりたてて何の記念日でもなければ象徴でもありません。


ちなみにこの1月程前の9月8日にはムッソリーニ失脚後のイタリア・バドリオ政権が無条件降伏しています。

10日後の10月21日には明治神宮で学徒出陣壮行会です。

43年10月11日・12日はそういう時代の只中だったのだ、そしてそういう時代が、このあとも同じ時間だけ続くのだ、という以上の意味付けはできません。


そしてそういう何でもない日だからこそ、たとえばその日に人々が何をしていたのかを知ると、ある種の感慨を抱くことになります。


たとえばマーシャル諸島に配属された海軍兵・佐藤冨五郎さんは11日、梨の缶詰の配給を受け、おそらく胃腸薬「わかもと」を飲みはじめています。

12日には早朝から訓練を行い、あめを配給されています。

このあと1年半後に栄養失調で亡くなるとは知る由もなく、来るべき日々に比べると食糧事情はまだましであり、兵として訓練なども行っています。


たとえば(日本の開戦と敗戦にはほとんど関係のない)アンネ・フランクは、10月11・12日には日記を書いておらず、一番近い記述は17日のものです。

隠れ家のなかの人間関係がなかなかうまくいかず、「ここ一カ月ほどのあいだに、このごりっぱな家のなかでとびかった口汚い応酬の数々、それを考えると、茫然としてしまいます」と綴っています。

いうまでもなくアンネもまた、自分の身に何が起こるのかはわかっていません。


われわれは、自分がいま人生のどのあたりにいるのか、明日には何が起こるのか、まったくなにも知りえないまま生きています。

たとえとるにたりない日々であっても、とりあえず安定していればあえて異を唱えることもない。そんな日が明日も続くような。



昨日は日記文化のオンライン研究会を聞いていて――研究会での発表内容とは直接は関係がないのだけど――そのようなことを考えました。


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン