• みずき書林

メモメモ


日常のなかでふと思いついたことは、できるだけ書きつけておくことにしています。

仕事にそのまま使えそうなことは、Gmailの下書きにメモして保存。

それ以外のブログのネタ的なもろもろは、Evernoteに。



以下は数日前のメモ。




わずか数日前のことなのに、もう何が書きたかったのかわからない。

「あなたの人生の物語」は、テッド・チャンの小説。

「Kite song」はRosie Thomasの曲。

あとはもう何が何だか。

なんかまた、ひとりよがりな感動をしていたらしいことはうっすらわかりますが(苦笑)……。



しっかりメモしておかないと、考えたことは自分でもびっくりするくらいの速さで失われる。


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン