• みずき書林

世界地図


世界地図を買った。

とりあえず国名がわかる子ども向けのやつ。

世界のかたちって、意外と知らないことが多いと思う。

とくに細部、ぼんやりとしか知らない。



たとえば今年になってからだけでも、いろんな人と、いろんな場所の話をした。

パラオ、朝鮮半島、サハリン、シリア、アフガニスタン、コンゴ、グリーンランド、マダガスカル、そしてマーシャル。



あるいはつい最近、太平洋戦争に関する本をまとめて読んだ。

ハワイ真珠湾はまだわかるとしても、たとえばミッドウェー、ガダルカナル、サイパン、ペリリュー、硫黄島をさっと指させるだろうか。

ウェーキは、アッツは、ソロモンは、ブーゲンビルは?



どこにあるのか、なんとなくしか知らない場所も多い。



ひとまず地図を買って、部屋に貼った。


小学校の教室みたいでなんだかいいね、じっと見てしまう。




最新記事

すべて表示

中長期的な理想と、直近の怒り

聖心女子大学で開催中の、 「気候変動とスポーツの祭典」 「暮らしから捉え直す SDGs / 気候アクション」 に行ってきました。 家から徒歩10分。もとJICAの施設があった場所です。 一番の感想を先に書いておくと、 個人の〈顔〉が見えるということがとても大事。 ということでしょうか。 気候変動・環境保全についての展示で、日常生活とオリンピックというふたつのコンセプトの展示がシームレスにつながって

料理・歌・テレビドラマ

鶏肉は薄く削ぎ切りにする。 大根も千六本に刻む。 池波正太郎先生の必殺仕掛人シリーズで、梅安と彦次郎が食べる、鳥と大根の鍋。 しっかりめに張った出汁に、ひとすくいの味噌と、醤油と酒を少々。 にんにくと生姜をたっぷり摺り下ろす。 豆腐も入れる。 「千六本にした大根は早く煮える」 という本編とはまるで無関係な一文が挿入されるところが、いい。 〆には、買い置きしてある乾麺のラーメンを入れる。最近、お気に

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.