• みずき書林

世界地図


世界地図を買った。

とりあえず国名がわかる子ども向けのやつ。

世界のかたちって、意外と知らないことが多いと思う。

とくに細部、ぼんやりとしか知らない。



たとえば今年になってからだけでも、いろんな人と、いろんな場所の話をした。

パラオ、朝鮮半島、サハリン、シリア、アフガニスタン、コンゴ、グリーンランド、マダガスカル、そしてマーシャル。



あるいはつい最近、太平洋戦争に関する本をまとめて読んだ。

ハワイ真珠湾はまだわかるとしても、たとえばミッドウェー、ガダルカナル、サイパン、ペリリュー、硫黄島をさっと指させるだろうか。

ウェーキは、アッツは、ソロモンは、ブーゲンビルは?



どこにあるのか、なんとなくしか知らない場所も多い。



ひとまず地図を買って、部屋に貼った。


小学校の教室みたいでなんだかいいね、じっと見てしまう。




最新記事

すべて表示

朗報がひとつ。 気になる文章がひとつ。 気遣いが嬉しいメールがひとつ。 生きているというのは、ときにひどく切ないねぇ。 我々はみんな、最後の日までは生きている。 その翌日からは、いい思い出と寂しさを残していく。 だからそれまでは、いままでどおり、楽しく笑って会話をしながら――ときどきちょっと涙ぐんだりしながら――やっていこう。みんなで。