• みずき書林

会計報告


税理士さんとの打ち合わせ、完了。

どうにかこうにか、無事に一年目を終えることができました。


正直言うと、良くもないかわりに、けっこう悪くない結果でした。

祝杯を挙げたり浴びたりするほどよい結果では全然ないですが、1年目としてはけっして悪くない。

黒字ではないけれど、このややこしく複雑な世界では、黒字になる必要などないのです(笑)。


最初の年は何かとお金がかかりますから。

そのことを考えれば、けっして悪くない。

もっと悪いことにだってなりえました。



本当に、この1年で出会えた多くの人たちのおかげです。

みずき書林には価値があるのだと言えます。

それはひとえに、彼ら・彼女たちの本を出すことができたから。


これからも、このちっぽけな会社が誰かにとってなにがしかの意味を持ちうるとすれば、それはあなたたちの本を出せるからです。



二年目が、はじまります。

不安材料はあるけれど、悪い材料は、ありません。

あるのかもしれないけれど、知りません。あまりそっちを見てないから(笑)。

引き続き、よろしくお願いいたします!!


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴