• みずき書林

会計報告


税理士さんとの打ち合わせ、完了。

どうにかこうにか、無事に一年目を終えることができました。


正直言うと、良くもないかわりに、けっこう悪くない結果でした。

祝杯を挙げたり浴びたりするほどよい結果では全然ないですが、1年目としてはけっして悪くない。

黒字ではないけれど、このややこしく複雑な世界では、黒字になる必要などないのです(笑)。


最初の年は何かとお金がかかりますから。

そのことを考えれば、けっして悪くない。

もっと悪いことにだってなりえました。



本当に、この1年で出会えた多くの人たちのおかげです。

みずき書林には価値があるのだと言えます。

それはひとえに、彼ら・彼女たちの本を出すことができたから。


これからも、このちっぽけな会社が誰かにとってなにがしかの意味を持ちうるとすれば、それはあなたたちの本を出せるからです。



二年目が、はじまります。

不安材料はあるけれど、悪い材料は、ありません。

あるのかもしれないけれど、知りません。あまりそっちを見てないから(笑)。

引き続き、よろしくお願いいたします!!


最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.