• みずき書林

花を買う


春なのにずっと自宅にいます。

最低限の買い物以外、外にもいけません。

なのでここ最近、たまに花など買っています。

普段はめったに(というか絶対に)自宅用の花など買わないのですが、ちょっとでも外の空気や自然のかたちを部屋に入れたくなるのでしょうね。

そういう人、増えてるのではないでしょうか。


今日は郵便局に行った帰りに近所の花屋でこれを買いました。

綺麗ですね。

そのときに花屋さんとちょっと話しました。

「みんな自宅にいるから、花を買う人、増えてるんじゃないですか?」

「そうですね……。でも花屋って、結婚式とかのイベントに花を卸すのがメインのことが多いんです」

「なるほど、大口の収入になりますもんね」

「3・4・5月に予約入っていた結婚式、ぜんぶキャンセルになって0件です……」

絶句して店を後にしました。

みんな、花買おう。

部屋の雰囲気もちょっと変わるし。

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴