• みずき書林

裏庭の木

2日前のエントリーが通算500件目だったとのこと。

つまりこれは502件目。


可能な限り毎日更新しようと決めたのが、2018年の夏でした。

ほんとうに毎日更新するのはなかなか難しいけれど、それでもなんとか続いています。



何度か書いていますが、このブログはみずき書林の裏庭のような位置づけです。

何人か見てくれている人がいるのは知っているのだけれど、僕自身は「誰も見ていないから」というふりをし続けています。

裏庭でこっそり育てていた木がそこそこ育って、垣根越しに通行人から見えているのだけれど、そのことには気づかないふりをしています。

もっと正直に言うと、もともとシャイで引っ込み思案な僕が、見てくれている近しい人への生存確認を口実にして、意地になって続けているようなところがあります。


でも、何か書いて、曲がりなりにも不特定多数に発信することにも、少し慣れてきました。

これはこれで、日々の小さな「張り」になっていることも確かです。


小社もまもなく3年目に入ります。

日々、小社の裏庭を垣根越しに覗いてくれる人を意識しながら(でも気づいていないふりをしながら)、よちよちと木を育てます。



最新記事

すべて表示

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

非常勤の授業スタート

昨日から非常勤講師の授業開始。 今年はオンラインということで、自宅でパソコンに向かって喋る。 前期で苦労した知り合いの先生方からいろいろ噂には聞いていた、オンライン授業の諸問題。というのを実地で実感しています。 1コマ目は7人の演習形式。 2コマ目は160人くらいの講義形式。 前者はグループワークが中心になるので、オンラインでそれがうまくできるかどうか。 昨日は僕ばかり喋るガイダンス的な話だったの

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.