• みずき書林

裏庭の木

2日前のエントリーが通算500件目だったとのこと。

つまりこれは502件目。


可能な限り毎日更新しようと決めたのが、2018年の夏でした。

ほんとうに毎日更新するのはなかなか難しいけれど、それでもなんとか続いています。



何度か書いていますが、このブログはみずき書林の裏庭のような位置づけです。

何人か見てくれている人がいるのは知っているのだけれど、僕自身は「誰も見ていないから」というふりをし続けています。

裏庭でこっそり育てていた木がそこそこ育って、垣根越しに通行人から見えているのだけれど、そのことには気づかないふりをしています。

もっと正直に言うと、もともとシャイで引っ込み思案な僕が、見てくれている近しい人への生存確認を口実にして、意地になって続けているようなところがあります。


でも、何か書いて、曲がりなりにも不特定多数に発信することにも、少し慣れてきました。

これはこれで、日々の小さな「張り」になっていることも確かです。


小社もまもなく3年目に入ります。

日々、小社の裏庭を垣根越しに覗いてくれる人を意識しながら(でも気づいていないふりをしながら)、よちよちと木を育てます。



最新記事

すべて表示

中長期的な理想と、直近の怒り

聖心女子大学で開催中の、 「気候変動とスポーツの祭典」 「暮らしから捉え直す SDGs / 気候アクション」 に行ってきました。 家から徒歩10分。もとJICAの施設があった場所です。 一番の感想を先に書いておくと、 個人の〈顔〉が見えるということがとても大事。 ということでしょうか。 気候変動・環境保全についての展示で、日常生活とオリンピックというふたつのコンセプトの展示がシームレスにつながって

料理・歌・テレビドラマ

鶏肉は薄く削ぎ切りにする。 大根も千六本に刻む。 池波正太郎先生の必殺仕掛人シリーズで、梅安と彦次郎が食べる、鳥と大根の鍋。 しっかりめに張った出汁に、ひとすくいの味噌と、醤油と酒を少々。 にんにくと生姜をたっぷり摺り下ろす。 豆腐も入れる。 「千六本にした大根は早く煮える」 という本編とはまるで無関係な一文が挿入されるところが、いい。 〆には、買い置きしてある乾麺のラーメンを入れる。最近、お気に

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.