• みずき書林

4日ぶり

ひとりだけに読んでもらうために書いた7000字のテキスト(図解イラスト6点付)。

同じくこの世で3人しか読まないであろう文字起こしのブラッシュアップ。

京都の版元にいる旧友から依頼された1500字程度の原稿(8000部ほど印刷される冊子に載るようだが、誰が読むのかは知らない)。


などを書いているうちに、ブログが疎かに。


ツイッターももっと自分のことばを投稿しないと。

アカウントだけとって放置しているインスタもやるべき。

なんて考えていても、どうも気後れしてなかなか実行はできない。



公開済みのブログ記事はこれが652件目とのこと。

我ながら細々と続けているけど、自分の考えたことを書くことには慣れても、それを外気に晒すことにはいまだに慣れないんだ。きっと慣れることはないんだろうな。



最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.