• みずき書林

誤算。

授業が始まって2回目が終わりました。


誤算だったこと。

4限の演習が7名。(学長からは20人くらいかなあと言われていた)

6限の講義が162名。(同じく、100人くらいと言われていた)



聞いてたのとぜんぜん違う……。

少ないほうは、演習の方法を修正することで対応。

いくつかのグループにわかれてもらう予定を、1グループオンリーにしました。

結果的に、かなり密な接触ができそう。

前回はなぜかプロジェクターが作動せず、全員で僕のパソコンを覗きこんでもらうという荒業で乗り切りました。こういうことができるのも少人数だからこそ。


多いほうは、もう慣れるしかないです。

こちらは初回にとったアンケートで「この授業で知りたいこと」を訊いてみたところ、かなり面白い質問が集まったので、講義内容を一部変更して、毎回最後の15分くらいを「みんなの質問コーナー」にすることにしました。

2年生が大半の講義なので、やはり皆さん働くということに関心があるようです。授業本編では触れられないような質問について、できる範囲で答えていくことにしました。


その結果、時間が圧倒的に足りない。

もともと早口なのもあって、ぜったい時間が余ると思ってわりとがっちり準備していましたが、まるで時間が足りない。みんなの質問コーナーを新設したことで、さらに切り詰めないといけなくなりました。



今日は空いた時間で、今まで準備した内容をすべてブラッシュアップ。

自分への備忘録として書いておくと、いままでの2回の経験から、準備稿は8000~1万字が妥当だ、1カ月後の俺よ。

前回は1万7000字用意して、7000字分こぼしました。

(その余った7000を後ろに回すことにしたら、玉突き的に余裕がなくなりつつあります)

来週のノートは2万2000字もある。

がんばったな、1カ月前の俺。



最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴