• みずき書林

告知。


告知です。


小社刊行の『マーシャル、父の戦場』の編者である大川史織さんの監督作品『タリナイ』が公開されます。

アップリンク渋谷にて、9月29日(土)より。


毎回、上映後にトークイベントがあるとのことです。

本にも執筆いただいた古代史研究者・三上喜孝先生、元マーシャル大使・安細和彦氏、そして日本兵・佐藤冨五郎の長男であり映画の主要な被写体である佐藤勉さんなどなど、多彩な顔触れが登場します。

詳細は以下をご覧ください。

https://www.tarinae.com/talk-event


で。

10月2日(火)、20時からの上映後に、僕もトークゲストとして登壇する予定です。

映画イベントとはいえ、編集者という立場での登壇なので、やはり映画と本の関係についての話をメインにすることになるのではないかと思います。


映画と本というふたつの表現が完成したいま、何を思っているのか。


そのふたつの方法それぞれの、長所と短所。利点と欠点。


なぜ「戦争」にこだわることになったのか。


映画であれ本であれ、次回作の構想。


そんなことを訊いてみたいですね。

(僕は訊く側ではなくて訊かれる側なのか? まあ、当日の進行の実際のところは監督にお任せですので、どういうことになるのかは未知数ですが)


お近くの方、ご関心のある方はお越しいただけると幸いです!



上映期間中、『マーシャル、父の戦場』はアップリンクで販売する予定です。

映画公開の際は、ふつうはパンフレットが準備されると思います。

しかし今回は、映画の従属物としてのパンフレットではなく、質・量ともに映画と等しい重みをもち、同時に映画とは異なる視点を提示する書籍をご用意しています。


映画だけではなく、本だけでもなく、そのふたつをあわせて楽しんでいただければ。


最新記事

すべて表示

ダンス・ダンス・ダンス

僕らのまわりにある大抵のものは僕らの移動にあわせてみんないつか消えていく。それはどうしようもないことなんだ。消えるべき時がくれば消える。そして消える時が来るまでは消えないんだよ。たとえば君は成長していく。あと二年もしたら、その素敵なワンピースだってサイズがあわなくなる。トーキング・ヘッズも古臭く感じるようになるかもしれない。――『ダンス・ダンス・ダンス』 なんやかんやと言われますが、村上春樹が好き

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.