top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

告知。


告知です。


小社刊行の『マーシャル、父の戦場』の編者である大川史織さんの監督作品『タリナイ』が公開されます。

アップリンク渋谷にて、9月29日(土)より。


毎回、上映後にトークイベントがあるとのことです。

本にも執筆いただいた古代史研究者・三上喜孝先生、元マーシャル大使・安細和彦氏、そして日本兵・佐藤冨五郎の長男であり映画の主要な被写体である佐藤勉さんなどなど、多彩な顔触れが登場します。

詳細は以下をご覧ください。

https://www.tarinae.com/talk-event


で。

10月2日(火)、20時からの上映後に、僕もトークゲストとして登壇する予定です。

映画イベントとはいえ、編集者という立場での登壇なので、やはり映画と本の関係についての話をメインにすることになるのではないかと思います。


映画と本というふたつの表現が完成したいま、何を思っているのか。


そのふたつの方法それぞれの、長所と短所。利点と欠点。


なぜ「戦争」にこだわることになったのか。


映画であれ本であれ、次回作の構想。


そんなことを訊いてみたいですね。

(僕は訊く側ではなくて訊かれる側なのか? まあ、当日の進行の実際のところは監督にお任せですので、どういうことになるのかは未知数ですが)


お近くの方、ご関心のある方はお越しいただけると幸いです!



上映期間中、『マーシャル、父の戦場』はアップリンクで販売する予定です。

映画公開の際は、ふつうはパンフレットが準備されると思います。

しかし今回は、映画の従属物としてのパンフレットではなく、質・量ともに映画と等しい重みをもち、同時に映画とは異なる視点を提示する書籍をご用意しています。


映画だけではなく、本だけでもなく、そのふたつをあわせて楽しんでいただければ。


最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page