• みずき書林

日記


昨日は記者クラブで『タリナイ』の上映を観ました。

今日は明治学院大学で、田中祐介さん主催の「近代日本の日記文化と自己表象」の研究会に参加していました。


共通点は、ともに日記を扱っていること。

『タリナイ』と『マーシャル、父の戦場』で扱われた佐藤冨五郎日記は、マーシャル諸島で餓死した一兵士の2年間にわたる日記が題材のひとつになっています。

今日の研究会では、いくつかの日記が俎上に上がりました。そのなかでもとりわけ、明治から昭和まで膨大な日記を綴りつづけ、日本の近現代史に寄り添うように生きてきた吉田得子という市井の女性の日記が印象的でした。


佐藤冨五郎さんは明治39年生まれ。昭和20年に異国の地で、39歳で餓死しました。

吉田得子さんは明治24年生まれ。岡山県で生まれ育ち、昭和49年に83歳の天寿を全うしました。


それぞれに、忘れ去られてもおかしくない人たちでしたが、日記を遺したことで少なくとも誰かの記憶にとどまり、何人かの生き方を揺さぶることになりました。

本人たちはおそらく意識してはいなかったと思います。しかし日記が遺り、思いもかけないつながりを生んで、後世の誰かの想像力を刺激したことがわかれば、きっと得子さんは満面の照れ笑いを浮かべ、冨五郎さんは手を合わせて頭を下げるのかもしれません。



得子さんと冨五郎さん


このブログも、もしかしたら100年後の誰かの関心を呼び起こすことになるかもしれない、などとありえない空想をしながら、今夜も眠ります。


おやすみなさい。

最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.