• みずき書林

日記


昨日は記者クラブで『タリナイ』の上映を観ました。

今日は明治学院大学で、田中祐介さん主催の「近代日本の日記文化と自己表象」の研究会に参加していました。


共通点は、ともに日記を扱っていること。

『タリナイ』と『マーシャル、父の戦場』で扱われた佐藤冨五郎日記は、マーシャル諸島で餓死した一兵士の2年間にわたる日記が題材のひとつになっています。

今日の研究会では、いくつかの日記が俎上に上がりました。そのなかでもとりわけ、明治から昭和まで膨大な日記を綴りつづけ、日本の近現代史に寄り添うように生きてきた吉田得子という市井の女性の日記が印象的でした。


佐藤冨五郎さんは明治39年生まれ。昭和20年に異国の地で、39歳で餓死しました。

吉田得子さんは明治24年生まれ。岡山県で生まれ育ち、昭和49年に83歳の天寿を全うしました。


それぞれに、忘れ去られてもおかしくない人たちでしたが、日記を遺したことで少なくとも誰かの記憶にとどまり、何人かの生き方を揺さぶることになりました。

本人たちはおそらく意識してはいなかったと思います。しかし日記が遺り、思いもかけないつながりを生んで、後世の誰かの想像力を刺激したことがわかれば、きっと得子さんは満面の照れ笑いを浮かべ、冨五郎さんは手を合わせて頭を下げるのかもしれません。



得子さんと冨五郎さん


このブログも、もしかしたら100年後の誰かの関心を呼び起こすことになるかもしれない、などとありえない空想をしながら、今夜も眠ります。


おやすみなさい。

最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン