• みずき書林

組版。

近所にお気に入りの店があります。

いつもほどよく混んでいますが、ひとりでカウンターに座ることができないほど混雑はしていなくて、日本酒の種類がとにかく豊富。

だし巻き卵や西京焼きといった定番が美味しく、旬の食材を使った季節ごとのメニューも楽しい。

接客もとても丁寧で親切です。

ひとりで行く用の店にしていて、誰にも教えたくない。

そういう店ってありますね。


さて。

組版。

大事ですね。

ひとりになって再出発しようというときに、真っ先に声をかけた人が数人います。

何人かのデザイナーさんと、組版を担当してくれる人。

彼らさえいてくれれば、本を作ることができる、と確信していました。

とりわけ、組版は本の進行に大きく関わってきます。

初校の丁寧さ、再校以降の赤字直しの正確性、全体にわたるスピード感と、申し送り事項の細やかさ。

そういったものに支えられば、編集の根幹部分は相当にスムーズになります。


幸運なことに、僕はいま理想的といっていい組版担当の方と仕事ができています。

とても幸運なことです。


お気に入りの隠れた名店に似ていて、お名前を挙げると何かの拍子に注文が殺到して僕の仕事をしている時間がなくなると困るので、こっそりしておきます。


最新記事

すべて表示

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

2020年、みずき書林の5大ニュース

大晦日ですね。 以下今年のニュース。 順番は重要度ではない。起こった順。 1.正月早々高熱を発して寝込む (寝てたら下瞼のくぼみに汗が溜まるくらい高熱だった。いま思えばあれはインフルだった) 2.紅茶をこぼして、キーボードを壊す。 (地味だ) 3.電子化した (全アイテムはまだなんだけど。しかしわかっていたことではあるが、別に電子化したからといって売り上げが目に見えてアップするわけではなかた……)

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.