top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

組版。

近所にお気に入りの店があります。

いつもほどよく混んでいますが、ひとりでカウンターに座ることができないほど混雑はしていなくて、日本酒の種類がとにかく豊富。

だし巻き卵や西京焼きといった定番が美味しく、旬の食材を使った季節ごとのメニューも楽しい。

接客もとても丁寧で親切です。

ひとりで行く用の店にしていて、誰にも教えたくない。

そういう店ってありますね。


さて。

組版。

大事ですね。

ひとりになって再出発しようというときに、真っ先に声をかけた人が数人います。

何人かのデザイナーさんと、組版を担当してくれる人。

彼らさえいてくれれば、本を作ることができる、と確信していました。

とりわけ、組版は本の進行に大きく関わってきます。

初校の丁寧さ、再校以降の赤字直しの正確性、全体にわたるスピード感と、申し送り事項の細やかさ。

そういったものに支えられば、編集の根幹部分は相当にスムーズになります。


幸運なことに、僕はいま理想的といっていい組版担当の方と仕事ができています。

とても幸運なことです。


お気に入りの隠れた名店に似ていて、お名前を挙げると何かの拍子に注文が殺到して僕の仕事をしている時間がなくなると困るので、こっそりしておきます。


最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

いまが全盛期

病気になって以来、活動量は減った。 一時はもう仕事はできないと思って会社を閉じようと思い、仕事を整理した時期もあったため、刊行ペースは落ちている。 体力・筋力も落ちて外出もなかなかしづらくなった。打ち合わせは基本的に自宅か、恵比寿・広尾界隈に関係者のかたに来てもらうかたちで行っている。 フットワーク軽くいろんな場所やイベントに出かけていくこともなくなった。 もちろん今でも充実はしている。やるべきこ

Comments


bottom of page