top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

長崎。


9月21日~22日、長崎市。


4か所分のパノラマ写真をアップしておきます。




ひとつめは爆心地公園。

円形の爆心地中央の右奥に、浦上の遺壁が移設されています。

観光地としても原爆のランドマークとしても、そんなに有名ではないかもしれません。

でもここに立って、この空の上を見上げると、想像力の限界を問われるような、いわく言い難い感慨があります。




ふたつめは浦上天主堂。

教会そのものは戦後1959年に建て直されています。

正面の左右に、マリアとヨハネの像があります。

爆風で吹き飛ばされ、マリアは指先がなく、ヨハネが鼻がありません。

この写真の左側には、被爆当時の、変色したり首がなかったりする石像が遺されています。

これらの石像群は、3年前に編集した『長崎原爆写真集』で顔なじみの人たちです。彼らは73年前もここにいて、この先もずっとここにいるのでしょう。

あの本を作ってから実際に彼らに会えて、よい経験でした。




三つめは、山王神社の一本足鳥居の周辺のパノラマ。

本通りから道を曲がって、住宅地の坂道のなかにいきなり現れます。

なんの心の準備もない場所で、なんら観光地らしくないかたちで、片足の鳥居は不意に姿を見せます。

その円柱に手を触れて、彫り込んである文字を指先でなぞってみると、静かな戦慄を感じます。




最後はクスノキの写真です。

一本足鳥居から少し上がったところにある、山王神社の境内。

この写真では、中央のこんもりした部分が、二本のクスノキです。

この大木が73年前のあのときに爆風を受けたのだと思いながら、太い幹に手を触れます。

そしてそれがいま青々と枝葉を繁らせているのだと思いながら、見上げます。








最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page