旅をひとさじ てくてくラーハ日記

松本智秋 著

A5判並製・コデックス装・フルカラー・144頁
定価:本体1800円+税
ISBN:978-4-909710-20-8 C0026
2021年12月刊行
ジャンル:旅・写真・ごはん
装丁・ブックデザイン:見元俊一郎(株式会社ディスプレイ)

 

cover_b.jpg

食べて歩いてまた食べて

バックパックひとつ、イスラムひとり旅
フィルムカメラで撮影した、人びととおいしいごはん

「わたしが日本で暮らすあいだにもいろんな土地でそれぞれの暮らしや日常が連綿と続いている。その不思議さと愛おしさ」

内容紹介

右のポケットにフィルムカメラのRICOH GR1v、左のポケットにごはん記録用のGR DIGITAL IV。ふたつのコンパクトカメラを両サイドに忍ばせ異国の街を歩き、ごはんを食べ、食べすぎては「早く空腹よ来い!」とばかりまた歩き、また食べ、夜になったら安宿のベッドでぐぅと眠る。わたしは派遣社員として働きながら、休暇を利用してひとり旅に出る生活をしていますが、20年ほど続けてもいまだに飽きません。それどころか行きたいところは増える一方で、自分に疲れるほどです。

 この本は、イスラム教国や、そうではないけれどムスリムが暮らす地域がある国、その名残がある土地など、2015年以降のイスラムにまつわる旅の記録を、訪れた順にまとめたものです。2004年、トルコ・シリア・レバノン・ヨルダン・イスラエル・エジプトを陸路で巡った2ヵ月のひとり旅。そこで知ったイスラムの習慣や文化、なにより人びとのホスピタリティーの高さに驚き、魅了され、以降ちょこまかと訪れるようになったのです。

目 次

はじめに
1 中国・西安
2 ポルトガル
3 ブルガリア
4 バングラデシュ
5 中国・カシュガル
6 クルディスタン・イラク
7 イラン
8 ウズベキスタン
9 タジキスタン
10 レバノン
11 シリア
12 ロシア・ダゲスタン共和国
13 アゼルバイジャン
14 ジョージア
おわりに

編者プロフィール

松本智秋 Chiaki Matsumoto
1977年、大阪府生まれ。2000年1月に仕事を兼ねて訪れたタイ旅行で旅沼にはまる。以降、働きながら旅を続け、定期的に旅の写真展を開催。訪れた国は50ヵ国ほど。風景はフィルムのコンパクトカメラで撮影。ごはんはコンデジ。2015年2月『写真で綴る旅日記 散歩とごはんのくり返し』(自由国民社)を上梓。その後もこつこつと旅を続け、コロナ禍に突入。旅の恋しさ天井知らず。白くてむちむちしたものはおいしいと思い込んでいる。