• みずき書林

「本当の願い」を絵馬に書くなら


神社に絵馬がありますね。

願い事を書いて吊るしておくやつです。


今だったら、あれに何を書くか。


僕の場合、当然「病気平癒」などと書くことになるでしょう。

そう思いますよね?


でもそこで一回立ち止まり、「本当の願い」とは何だろうかと考えてみます。

この世で何をしたいと思っているのか。

今生において、より積極的に獲得したいと思っているものは何なのか。

そう考えてみると、病気が直ったらそれでOKというわけではないことに気づきます。

より大切なのは、病気が治った後になにを望んでいるのか、です。


僕は何を願っているのか。


家族や友人や犬と楽しく過ごせますように。

おいしいものを食べて、自分でも料理を作って、ときには知り合いを招いて食卓を囲めますように。

出来る範囲でかまわないので、丁寧に仕事をしたいです。

数は少なくていいから、いいなと思える本を作りたいです。


ざっと思いつくのはこんな感じでしょうか。

このようなことが叶えば、僕の人生の目的はほぼ達成されたといっていいのです。

僕はあまり欲のない人間で、大金持ちになりたいわけでも、豪邸に住みたいわけでも、有名になりたいわけでもありません。

綺麗ごとのように聞こえるかもしれませんが、さっきからうんうん考えてみても、「こうなりたい」「これがやりたい」という大きな欲望が浮かんでこないのです。

そこでふと思います。


ちょっと待って、それってもう叶ってないか?


病気平癒は本当の願いの前提に過ぎないのだとすれば、僕の本当の願いは実際にはもうかなりの程度、手元にあるのかもしれません。


もちろん、日々体調が万全というわけにはいきません。

吐き気がするときも、お腹が痛むときもあります。

体力が落ちて疲れやすくもなりました。

長生きができないと考えると、沈んだ気持ちにもなります。


そういう意味では、

病気が治りますように。

長生きできますように。

というのも立派な願いではあります。


だから絵馬にはそう書いてもいいのだと思います。

でもやっぱり、「本当の願い」はその先にあって、健康も長寿も、それ自体が目的ではありません。

そしてその先にある願いは、あれ? もう手にしているような気がするのです。


堂々巡りですね。




でももし、絵馬を前に右手にペンを持って、何を書こうか考えあぐねている僕の手元を覗き込んで、「君は幸せなんだね」と話しかけてくる人がいたとするなら、僕は盛大に苦笑するでしょう。

そういわれると、素直に頷けないものがあるのもまた事実です。


僕は幸福なの? 教えておじいさんとアルムのもみの木よ。