top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『「いただきます」の人類史』見本出来!


蒼井倫子さん著『「いただきます」の人類史』の見本が出来上がってきました。

書籍の詳細はこちらの書籍ページをご覧ください。



このブログにも何度か書いていますが、この本は不思議な成り立ちで出来上がっています。

著者はぼくのがん病院の主治医の奥様です。


がん治療は長い付き合い(といってもその程度にはもちろん差がありますが)になりますから、病気の話だけでなく、いろんな会話を交わすことになります。

どんな仕事をしているのか、といったことは、基本的なやりとりのひとつといっていいでしょう。

診察の初期、昨年の10月とかそれくらいの時期に、ぼくはひとり出版社であることを話しをして、主治医の先生は、奥様が原稿を持っているということを言われました。

そこから話はとんとんと転がり、みずき書林からこの本が出ることになったのです。


考えてみれば、稀有な話ではあります。

患者がそのまま仕事相手になるなんて、そうそうあることではないですよね。


この仕事には、稀にそういう降って湧いたような機会が転がり込んでくることがありますが、それにしても今回はレアなケースでした。


僕は懇意にしているタイムトラベル専門書店utoutoのイラストレーターであるなかいかおりさんに声をかけて、装丁画と中のイラストを依頼しました。

また前職の後輩でいまは組版を看板に掲げて仕事をしている森貝聡恵さんに組版と装丁をお願いすることにしました。

印刷製本はもちろん、シナノ・パブリッシングプレスの小島さんです。


そのようにして旧知の人たちに声をかけ、ぼくはこの不思議な成り立ちの本を作り上げました。


これからはマスコミ対策をしたり、イベントの仕込みをしたり、本作りの後半戦に入っていくことになります。


みなさんの眼に触れるまで、今しばらくお待ちくださいませ!


カバー右隅には、旧知のあの犬もちょこんと描き込まれています。


最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page