top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『いかアサ』@日本中世英語英文学会


この週末は岡山に出張。

『いかアサ』の販売のため、日本中世英語英文学会に参加してきました。


プログラムの中に「新刊紹介」のコーナーを設けていただき、編者の岡本広毅先生と小宮真樹子先生が登壇されました。

企画立ち上げ当初のメールや企画書までスライドで公開されます。

原本にならって〈局部〉ということばを赤字にするかどうか悩んだ(結局しなかった)という珍エピソードも紹介されました。

時間がないということで何枚かのスライドを飛ばしたのですが、どんどん飛ばされていくスライドの中を一瞬、甲冑姿で喋っている小宮先生の写真が横切っていき、その瞬間ふわっとした笑いが挙がったのも愉快でした。

このおふたりの掛け合いトークは、編集中のやりとりからずっと、息ぴったりです。


小社のブースには3パターンの本はもちろん、こんな真面目な会にあるまじき賑やかさでコースターやクリアファイルが並べられ、主催のご厚意でホワイトボードまでお貸しいただき、ポスターも展示されます。

こういったグッズは本を買ってくださった方々に配りました。

今回はポスターをご希望の方が多かった印象。



岡山県は、僕の郷里でもあります。

学会の後は実家に帰り、この前日に96歳(!)になった祖母を囲んで誕生会。

祖母と両親と、伯父。

平均年齢高めの会(笑)にもかかわらず、シャンパン+赤ワインのボトル+日本酒の4合瓶を空けるという、我が一族には珍しい酒量を過ごしたのでした。


楽しい出張でした。



最新記事

すべて表示

「川の中の大きな岩になること」

山田南平先生が、先日の往復書簡を受けてブログ記事を書いてくださっています。 いつもブログを読んでくださり、ありがたいことです。 堀くんともども、励みになります。 『自省録』と般若心経の共通点について。 二十歳頃に般若心経に出会った山田先生が、それ以来ずっと指針にしてきたというのはちょっとした驚きでした。 首尾一貫したアーティストの人生には、やはり何らかの指針となるものがあるものなのでしょうか。興味

Comments


bottom of page